思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

文章について

 どうすれば文章をかけるか、と考えている。以前から考えている。文章を書くためには、その大元となるアイデア、プロットのようなものが必要だ。それをどうやって作ればいいか。

 そこで思い出すのは、歩く、ということ。小説や詩・詞を書く人、あるいは哲学者などは、散歩をしながらその思索を深めアイデアを待つ、みたいなエピソードをよく聞く。よく聞くのは僕だけかもしれないがまぁいい。

 文章を書くためには机の前で考え込んだりするより、体でも動かしながら考えを巡らせ、網を張るようにアイデアを待つほうが得策なのかもしれない。などと思った日々。