思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

初心者にオススメの小説について。

【2ch】ニュー速クオリティ:小説まったく読まないんだが初心者におすすめの小説教えろ 東野圭吾とかいうの読んどけばいいのか?
 
「1リンクにつき1コメント」の形式が自分にあってないような気がしてきたので、「1リンク・1文章」のシステムに変えてみたい。
 
で、初心者にオススメの小説について。
 
といきたいところだが、それ以前にまず「初心者」という言い回しに違和感がある。
 
小説をというのは必ずしも読めば読むほど上達するわけではない。ラノベ百冊読んだからといってドストエフスキーをすらすら読めるようになるかというとそんなことはないし、逆にロシア文学を百冊読んだ人がゼロの使い魔を楽しめるかどうかはその人次第だろう。
 
小説とは人生のようなものだ、なんて昔のエライ人は言ってた。その言葉が本当に意味するところを僕はあまり理解してはいないけれど、少なくとも小説も人生も同程度に雑多なものであるということは間違いない。
 
そして読書の面白いところは、すべての人が全く異なる読書体験を持つことが出来るということではないかと思う。
 
世の中にはレディーメイドの娯楽が溢れているが、それらをどう取り入れどう活かすかはあなた次第。自分で自分の読書体験をコーディネイトして、世間の荒波を乗りきれ!!
 
と、偉そうに書いてみた。つまるところ僕が言いたいのは、本屋や図書館で気になったタイトルの本を引っ張り出す、それで一切が済む、ということなのだが、一応僕なりのオススメの小説というか、本の探し方を紹介しておきたい。
 
その方法とはいたって簡単で、誰もが認める大作家、大ベストセラー、古今の話題作を読む、というもの。
 
日本だったら、古くは夏目漱石。まぁもっとさかのぼって二葉亭四迷とか滝沢馬琴とか日本書紀とかいっても構わない。僕は読んだことないけど。
 
そこから芥川龍之介や江戸川乱歩や太宰治や三島由紀夫や川端康成や大江健三郎など、まぁ有名な奴を洗いざらい手に取れば、一つくらいは引っかかる。
 
別に日本近代文学に拘る必要はない。スタンダール、トルストイ、ドストエフスキー、メルヴィル、ジェイムズ・ジョイス、トーマス・マン、ウィリアム・フォークナー、マーク・トウェイン、ガルシア・マルケス、マーク・トウェイン等々、世界文学の名作は、わざわざ本屋に行かなくても全部図書館に揃っている。(ちなみにこのラインナップは池澤夏樹が世界文学を読みほどく (新潮選書)で、重要な作品としてあげていた)
 
文学?中二病乙wwwというあなたは、スレッドであげられていた売れてるラノベとか、東野圭吾・伊坂幸太郎・宮部みゆき・石田衣良あたりの大衆小説を読めばいいんじゃないかと思う。僕はハルヒしか読んだことないけど。

他にも、可愛い子が書いた小説を読みたい人は綿矢りさ。私はドエロですという人は村上春樹。いや、俺は真面目な話がしたいんだ、という人は倫理社会の教科書に乗ってるような哲学者でカントやデカルト。とにかく明日までに自己啓発が必要だという人は、まぁバカの壁でも読んどきゃいいんじゃないの?
 
つまりなにが言いたいかというと、メジャーなやつ、誰もが知ってそうなのを色々試してみて、自分に合う本があったら、そこから順々に読む範囲を広げていけばいいんじゃないカナ、と思う次第です。
 
別に、「俺は『かりあげクン』しか読まない!!」と言い切る人がいても、当人がそれで平気なら構わないんじゃないかと思うんですよ。本当に。