読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

とげまる/スピッツ

これ以上は歌詞にできない
とげまる
スピッツの『とげまる』を聴く。
サウンド面では、前作の『さざなみCD』にかなり近いように感じる。
ピアノを使った開放的な音や、ときおり入る歪みすぎない程度に歪んだギター。
『三日月ロック』ほどバンドサウンドではなく、『スーベニア』よりもずっとストレートで王道のポップロック、という感じ。
歌詞の点でも、前作同様「がんばりましょう」的な、ルキンフォー的なものが多い気がする。
僕はこれはこれで好きだ。もちろんマサムネ得意の叙情性・文学性・なんだかよくわからない性も健在だし。
気に入ったナンバーは『幻のドラゴン』かな。もーえてーいーるーのはー、の爽快感がすごくイイ。
それと冒頭の歌詞。歌詞のなかに歌詞という単語が出ている。なかなか冒険的だ。小説にはメタ表現はいくらでもあるけれど。
今作はタイアップが非常に多い。そういう点も含めて見ると、過去に得たものを引き継ぎつつ、新たな挑戦をちゃんとしているな、という作品。とてもよいです。