思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

左手マウス、始めました。

 さらなるパソコン環境の向上を目指す今日この頃。「パソコン 疲れない」で検索して見つけたのが左手マウスだった。
 やり方は簡単。マウスを使う手を右手から左手に変えるだけ。
 左手でマウスを使う利点は、

  • 普段使う事が多い右手を休ませることが出来る
  • キーボードのテンキーは右にあるので、左にマウスを置くと体から近く、疲れにくい。
  • テンキーやペンで字を書く際作業をマウスと両立しやすい

 といったところ。
 どうやら同じ事を考える人がけっこういるらしく、「左手マウス」というはてなダイアリークラブが存在する。

左手マウスとは - はてなキーワード

 さっそく試してみる。右側に以前から使っているLogicool「MX518」を置き、左側にしまってあったMicrosoft「Intellimouse Optical」をセット。こいつは左右対称。とりあえずネットサーフィンなど簡単な作業は左手マウスでやることにした。
 もともと左手も器用な方なので、操作自体にそれほど苦労はない。もちろん細かい作業は右手に劣るが。
 設定で右ボタンを通常クリック、左ボタンを右クリック(わかりづらい)に変更した。FireFoxのマウスジェスチャーやロッカージェスチャー(右クリック押しながらホイール回転)も普通に可能。悪くない。
 唯一にして最大の問題点は、「Intellimouse Optical」そのものにある。
 なぜこのマウスが自宅の押し入れにしまってあったかというと、「スタンバイからの復帰時にカーソルが動かなくなる(ボタンは効く」という不具合が出るようになったから。
 この不具合はVistaや7では既知の問題らしい。しかし僕のOSはXP。XPでこの現象が起こるという情報は、調べた限りでは見つからなかった。ちなみにこの機種はもう生産されていないらしい。
 そのため、スタンバイを使うたびにUSBポートから抜き差ししなければならない。不便極まりない。

 左手マウスの他に、トラックボールという選択肢も考えている。ものによっては左右両方で使えるし、マウスより疲れにくいという噂だ。