思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

どのiPod買うか決められないので各機種比較(Ver.2012 early)

 先日MacBook Airを買ってから、俄然iPodが欲しくなってきた。しかしどの機種を買うか決められない。ここにきて持ち前の優柔不断発動。
 せっかくなので、というかなんというか、とりあえずブログ上で各機種を比較・検討してみることにする。情報は現時点でのもの。紹介は欲しい順。

iPod touch(第4世代)

Apple iPod touch 8GB MC540J/A
 現在のiPodシリーズにおける主力機と呼べるであろうtouch。その性能は簡単に言えば「携帯電話の通信回線が無いiPhone」。しかしもちろん、まるっきりiPhoneと同じというわけではない。微妙に性能を落として上位機種を欲しくさせる、という巧妙な販売戦略がとても上手い。それがアップルという企業である。
 第4世代iPod touchがiPhone4Sと異なる点は、

  • 電話機能がない
  • GPSがない
  • デジタルコンパスがない
  • ショートメッセージサービスがない
  • Siriがない
  • 液晶が異なる(やや視野角が狭く、指紋が目立ちやすい)
  • カメラの画素数が低い
  • スペックが少々低い(CPU、メモリ共に若干劣る)

 といった感じ。こう書くとナイナイづくしのようだが、実際店頭で触ったりするぶんには違いは感じられない。touchのほうが薄いぶん、触った感触はむしろいいくらいだ。
 個人的にはGPSが無いのが少し痛い。もっとも今使っているガラケーにGPSがついていてGoogleMapも使えるので、出先で地図機能を使うことは一応出来ている。しかし本当のことを言ってしまうと、iPhoneが欲しい。
 iPod touchにしておけば、機能が少ないせいで悩むことはまず無いと思う。なにしろiPod touchに無い機能は他のiPodにもないのだから。しかし一つ気になるのは、「Appleは旧機種を切り捨てることが多い」ということ。iOS搭載のtouchの場合、他のiPodよりも切り捨てられる可能性が高い(例えばOSが激重になってロクに使えなくなるとか)。自分は今のところ音楽機能を第一に考えている(ネットはAirがある)ので、他の機種を長く使ったほうがいいんじゃないか。まぁそもそもiPodシリーズ自体そんなに寿命の長いものでもないような気はするけど。

iPod nano(第6世代)

Apple iPod nano 16GB グラファイト MC694J/A
 主にライトユーザーや、一台持っている人が二代目にもつiPodとして人気。
 前世代からの最大の変更点が、ボディ全面のタッチパネル化・ハードボタンの排除。ここにもAppleの「切り捨て精神」が。今考えれば「断捨離」のはしりだったのだろうか。ボタン類の排除は旧機種の愛好者からはすこぶる評判が悪いが、店頭で操作してみたところ、初めてでも問題なく操作できるレベルと感じた。
 一番のウリはクリップがついたことによるウェアラビリティ(って言うのかな?要は身につけやすさのこと)の向上。服やバッグのベルトなど好きなところに気軽につけて音楽を持ち出せる。カバンやポケットから伸びる長いケーブルにわずらわされることが無くなるわけだ(工夫次第では)。これはかなり欲しい。
 他にはFMラジオ、Nike+iPod対応などの機能があるが、個人的には興味ない。
 最大のネックは、最大16GBという容量。しかし、自分が管理しているiTunesライブラリ(家族と共用なので70GBくらいある)の中から、自分が聞きたい曲だけでプレイリストを作ったところ、15GBを下回った。どうやら容量的にはなんとかなりそう。
 そんな感じで、自分は「iPod touch 32GB」と「iPod nano 16GB」のどちらにするかで悩んでいる。どちらも甲乙付けがたい。というかどちらも欲しい。touchの8GBとnanoの16両方買う、というのはどうだろう。いや、それはないな。そんな感じ。

iPod classic(第6.5世代)

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A
 「classic」という名称がついてから、メインストリームを退いた感のある元祖iPod。しかし音楽再生のみに関して言えばもちろんclassicが一番。何しろ容量160GB。ちょっとした外付けハードディスクである。
 しかし上述したとおり必要な容量がnanoの16GBより少ない僕にとっては、nanoの小ささの魅力に惹かれてしまう。まぁ、知らない曲も全部入れてclassicでシャッフル再生するというのも楽しそうだけど。
 余談だけど、もし次期touchが最大容量128GBとかになったら、classicはなくなってしまうのではないか、という気がする。どうなるんだろう。

iPod shuffle(第4世代)

Apple iPod shuffle 2GB ピンク MC585J/A
 画面が無い。論外。…嘘です。
 一時は「shuffleを買って次世代nanoを待つ」という戦法も視野に入れていた。しかしなんというか、一番後悔しそうな選択しだなぁ、と思ったので除外した。
 もちろんshuffleにはshuffleのよさがある。何より軽いので、ランニングなどのお供に最適。また、余計な機能がないということは音楽のみに集中できるとも言えなくはない。
 ずいぶん昔に使っていた第1世代shuffleは画面がないため曲名が確認出来ず、大変不便だったが、現行のiPod shuffleは「voice over」という機能があって、再生する曲の名前、アーティスト等を読み上げてくれるそうだ。ちなみにiPod nanoも対応している。
 しかし今の自分にとってiPod shuffleはさすがに「無い」。「好きな曲を好きなときに選んで聞ける」というiPod最大のメリットを手放す気にはちょっとならない。やはりshuffleは特殊な用途に向いた機種である。あるいはshuffle専用機として二代目に買う、なんてのも面白そうだ。

まとめ

 全部買う金があれば悩む必要はないのだなぁ。