思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MacBook Airの自作リストラグ その2

 以前「MacBook Airを使うと手首が冷たいのでフェルトを貼った」という記事を書いたが、その後フタがちゃんと閉まらないという致命的な欠陥が発覚したので剥がしてしまった。
Airで手首が冷たいのでフェルトを貼った - 思考だだ漏れノート
 その後も代わりとなる素材を探していたのだが、東急ハンズでよさげなのを見つけたので購入してみた。その名も『粘着付き合皮シート シルバー』。「ながしまや」というメーカーのもので、東急ハンズに売っていた。ネットを探したところシルバーを売っているところはなさげだった。
[rakuten:tokyu-hands:10281194:detail]


(上:商品パッケージ 下:貼ってみたところ)
 結論から言うとこの商品、モノは悪くない。質感は普通の合成皮革。色合いはMacBook Airのユニボディとは若干異なるが、許容範囲だろう。前回のように厚すぎて蓋が閉まらないということも無く、肝心の断熱効果もバッチリ。
 しかし一つ難点がある。加工が少々難しいのだ。

  • 素材が紙などと違って柔らかいため、カッターで切ろうとすると切り口が汚くなってしまう。ハサミを使ったほうがいい。
  • 寸法通りに切って貼ろうとすると、伸びて大きくなりはみ出てしまうので、寸法より若干小さめに切った方がいいだろう。
  • 貼るときは、液晶のフィルタ等と同様、中に空気が入ってしまうことがあるので注意。

 以上のことに気をつけると、写真のようにキレイに貼れると思う。写真は左側のパームレストだが、右側は上に書いたような失敗をしてしまったため、少々汚くなってしまった。もしこの商品、もしくは似たような合成皮革のシートを貼ろうと思った人は、以上のことを参考にしてみてください。いるかどうかは知らないけど。