思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

OS X・iOSについての雑記

 先日からMacBook Air・iPod touchを立てつづけに手に入れ、愛用している。とにかく、今まで使っていたパソコン・携帯とはなんだったのか、というレベルで使いやすい。もうとにかく使いやすい。もうめちゃくちゃに使いやすい。
 いずれも動作が速く、重量が軽く、かつ高性能。そこにさらにiCloudによる連携機能が加わったのだから、向かうところ敵なしと言いたいところ。
 しかし、これらのApple製品にインストールされている基本ソフトであるOS X及びiOSには、共通の弱点がある。それは「自由度」がちょっと低いということ。
 OS Xは、シェアで見ればWindowsにはまだまだ敵わない。もちろん両OS対応のソフトも増えてきたが、純粋なソフトの量で言えばまだまだWindowsに分がある。
 単純に量が少ないだけではなく、例えばWindowsでは初期状態やフリーソフトで出来ることが、OS Xだとシェアウェアを使わなければならなかったりする。例えばマウスのドライバ。OS X付属のマウスドライバは、Macが作ったMagic MouseやMighty Mouseに最適化されている(多分)。そのため、例えOS X対応を謳っている他社製のマウスでも、ドライバに依るカスタマイズの幅が狭くて、いまいち使いにくかったりする。それを改善するためには有料のドライバソフトを入れなければならない。まぁ素直にMacのマウスを使っておけば解決する問題ではあるのだけれど。
 他には、細かいことだが、MacBook Airは画面を閉じた時に自動でスリープするのだが、これをスリープしないように設定することのは、デフォルトのままでは不可能。わざわざフリーソフトを入れる必要がある。
 iOSの方はAppleによる縛りがもっとキツイ。Appleが認めないアプリは配信不可能だし、iOSの機能を変更するようなソフトも使うことが出来ない。日本語変換ソフトさえ使えないにはびっくりした。これではAndroidを駆逐することは出来ないんじゃあなかろうか。
 もちろん、これらを加味しても、Appleのデバイスには他では代替できない魅力・使いやすさがあるのも確かだ。というかこんだけ自由度が低くてもなお使いやすいのは、Appleという一企業が非常に多くの技術・開発力を持っていることの証左に他ならない。
 つまり何が言いたいかというと、iOSとAndroidのデュアルブートが出来るようになったりしないかなぁ、みたいな妄想が止まらない、それくらいいいんです、Apple製品は。なんだか褒めてるのか貶してるのかわかんない感じになってしまった。