思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

メタルギアソリッド HDエディションをプレイ

 本日のゲーム記事。「メタルギアソリッド HDエディション」について。

メタルギア ソリッド HD エディション (通常版) (ゲームアーカイブス版「メタルギアソリッド」ダウンロードコード同梱)

メタルギア ソリッド HD エディション (通常版) (ゲームアーカイブス版「メタルギアソリッド」ダウンロードコード同梱)

メタルギア ソリッド HD エディション

メタルギア ソリッド HD エディション

 ステルスアクションゲームの金字塔「メタルギアソリッド」シリーズの第2作「メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ」と第3作「メタルギアソリッド3 スネークイーター」をHD(ハイディフィニション、でいいのかな)化したものを収録しているこのソフト。オトク。

 どーも自分は隠れながら進んでいくゲームが好きらしく、メタルギアソリッド(MGS)シリーズや、MGSをリスペクトしつつ作られた「アサシンクリード」シリーズなどには目がない。

 自分はMGS2もMGS3も、PS2版をクリア済み(ちなみにMGS4はPS3を持っていないので未プレイ。後々の楽しみにとっておいてある)。そのため、HDエディションの発売を知ったときも、余り食指が動かなかった。

 しかしXbox360をPC用ディスプレイに繋いでプレイするようになってから、上述のアサシンクリードシリーズなどを通して、遅ればせながら次世代機の画質の良さを実感。

 「この高画質でMGSを、特にMGS3のジャングルをプレイしたらどうなるんだろう」と思い始め、つい最近MGSHDが割と安く売っているのを見て、ようやく購入に至った次第。まぁMGSファンとしてはあまり褒められる買い方ではない気もする。

 買ってプレイした印象は、画質がキレイ。うん、当たり前だね。いや、マジメな話。

 実は一年ほど前にPS2版MGS3を再プレイしたことがあるんだけど、その時は14型のブラウン管という、今時イジメとしか思えないような極小画面でプレイした。なので余計に画質の進化が実感させられる。Windows95からWindows7に移行するくらいの進化。パラメディック美人過ぎワロタ状態。

 MGS3はフレームレートが30から60に向上しているので、スネークの動きがヌルヌル。草むらの中の動物も視認しやすい。遠くにいる敵兵が見えず突っ込んでいってやられるなんてことも少なくなった。ゲームシステム的にもMGS3はHD化の恩恵が大きいと思う。

 と、MGS3の話ばかりしているのは個人的にMGS3の方が好きだからで、MGS2の方も嫌いではないのだが、ゲームシステムがあまり好みではなかったりする。なんて言うか、自由度があまり高くない。キャラは立ってて好きだし、酷評されがちなストーリーも僕はむしろ好きだったりするんだけど。

 しかし当然ながらゲーム内容そのものが大きく変わっているわけではないので、最新のHDゲームと比べると作りこみやボリュームが少なく感じる。これは仕方ないだろう。クリアまでの時間が短いというわけではなく、単純に画面の情報量が少なく、マップが少々寂しい印象がある。まぁそーゆーのを求めている人は素直にMGS4をプレイすればいいと思う。

 MGSHDは、PS3版・PSVita版・Xbox360版の三つが出ているが、今からやるならPSVita版が良いのではないかと思う。やったことないけど。

 PS2の性能を限界まで引き出したMGS2・MGS3ならば、PSVitaの他のゲームと比べても遜色が無いのではなかろうか。PSVitaのゲームやったことないけど。

 ただ、PS3版には1作目のMGSのダウンロードコードがついているというのも捨てがたい。あとPS3版とPSVita版を両方買えば、セーブデータの共有が可能なので、僕とは違って敬虔なMGS信者の方は、両方買ってプレイすればいいんじゃないかと思う。