思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

Macの「スリープ復帰後wifiに接続するのに時間がかかる」問題

 MacBook Airと言えば、常時スリープ運用が基本とされている。
 しかし最近、そのスリープからの復帰後、wi-fiにネット接続開始されるのが妙に遅くなったと感じていた。
 自分の記憶している限り、購入直後はフタを開いた瞬間にネットに繋がっていたと思う。「スリープ中にメール受信してるのかな?」と勘違いしていたほどだ。実際にその機能が搭載されたのは、OS X 10.8 Mountain Lionになってから。Power napという名称で。
 しかし、現在では数秒、長い時は十数秒、ネットに繋がるまで待たされる。よく考えたら十数秒でネットに繋がる時点でものすごい技術の進歩なのだが。
 つーか、Power napという機能があるんだから、スリープ復帰した瞬間からネット接続できてもいいんじゃないか?と思わないでもないのだけれど、そんなことを言っていてもしかたないので、ググってみたところ、こんなページを見つけた。
 [Mac] MacでWi-FIがつながらなくなった時の事例&対策まとめ | Appleちゃんねる
 なんか取り返しがつかなくなったらクリーンインストールすればなんとかなるだろう、というかなり投げやりな気持ちで、このページに書いてある方法を試してみた。具体的にはチャンネルの変更(ルータはPlanex)、Bluetoothのオフ、IPv6を「リンクローカルのみ」にセット。
 設定後、スリープとスリープ解除を繰り返してみたり、スリープしてから一時間くらい後でスリープ解除してみたりしたが、「遅いなぁ」と思うことは無くなった。長くても5秒程でネットに繋がる。
 これが設定変更の効果だとは断言できない。というか、全部一気にやってしまったせいで、どの設定が功を奏したのかわからなくなってしまった。まぁ、結果的に早くなればオーライ。一週間ほどしたら経過報告をここに書くと思う。