思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『goot ホットボンド HB-25』を買った

 
 ↑『goot ホットボンド HB-25』
 自分は、『ATH-M30』というヘッドホンを愛用している。

audio-technica モニターヘッドホン [ATH-M30]

audio-technica モニターヘッドホン [ATH-M30]

 以前に一度、コイツのコードを断線してしまったので、ちょうど使っていなかった別のヘッドホン(フィリップスの『HP830』という、今は廃盤となった名機)のカールコード(くるくる巻いてるコード)を、ハンダ付けを駆使して移植する、という方法で修理したことがあった。
 のだが、この移植したカールコードも、元々プラグ部分を断線してしまったことがあって、ハンダ付け+手近にあった両面テープを巻く、という、かなり場当たり的な方法で応急処置をした状態で使用していた。
 で、先日そのプラグ部分が再び断線、早速修理しようと思い、今回は場当たりではなくキッチリと壊れにくいように修理するために、ホットボンド(グルーガンとも呼ぶ)を買った。
 というのが購入までの経緯。無駄に詳細に書いたが、要はヘッドホンの修理の為にホットボンドを買った、という話。


 そんなわけで、秋葉に行き、交換用のイヤホンプラグと一緒に購入。
 今回買った『goot ホットボンド HB-25』は、手でスティックを押し込むタイプ。トリガーを引くと押し出されるタイプよりも若干安かった。要はケチったのである。
 

goot ホットボンド HB-25

goot ホットボンド HB-25

 ハンダ付けの方はもう慣れたもので、カンタンに出来たのだが、ホットボンドの扱いは思っていたより難しく、キチンと接着出来たかどうか怪しい感じになってしまった。
 あと、使い終わったスティックをうっかり引っこ抜いてしまったが、本来は絶対に抜いてはいけないらしい。ちょっと考えればわかることだが。どうやらスティックは使い切りらしい。