思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

DELL inspiron 530にSSDを増設・ブートドライブ化

 以前、というか今日の午前中に、Windows XPから8 Proにアップグレードした「DELL inspiron 530」。
 さっそくエクスペリエンスインデックスを走らせてみたところ、ハードディスクのスコアが5.7と最低だった。
 MacBook Airを使い始めて以来、すっかりSSD中毒になってしまった僕は、ついうっかり出来心で、某電気街にSSDを買いに出かけてしまったのである。

買ったもの

  • SSD 120GB(型番はCSSD-S6T120NTS2Q)
  • シリアルATAケーブル 20cm ストレート
  • 2.5インチHDD変換マウンタ

 SSDはのことはよくわからないので、店頭で安売りしてたのを買った。東芝製と書いてあるから大丈夫だろう。多分。
 で、買って帰って早速SSDを開封してみたところ、普通にマウンタが付属してあった。よく見るとパッケージに「マウンター同梱」と小さく書いてある。早速ミス。

増設手順

  1. inspiron 530を分解。ネジを二本外すだけ。
  2. SSDをマウンタに取り付ける。同梱していたネジは、太いの細いのの二種類あった。ここでは細い方のネジを使う。

  1. マウンタに取り付けたSSDを、太い方のネジでinspironに取り付ける。元々ついていたハードディスクの隣。
  2. 電源ケーブルを繋ぐ。電源ケーブルは、元々のハードディスクのものと数珠つなぎになっているものを使う。自分の場合、「数珠つなぎの先端」の方が元々のハードディスクと繋がっていたため、その先端の方を抜いてSSDに繋ぎ、「数珠つなぎの手前」の方を改めて元々のハードディスクに繋いだ。この説明で伝わるだろうか。
  3. SATAケーブルを繋ぐ。下の写真を参照。

ブートドライブの移行

 ここまでは無事成功。次に、SSDをブートドライブにするため、データの移行を行った。
 自分は『EaseUS Todo Backup』というソフトを使ってデータを移行し、BIOSの設定画面からブートドライブを変更したが、イマイチこの方法で正しいのかどうか自信が持てないので、詳しくは書かないことにする。

結果

 無事、SSDをブートドライブにすることに成功。
 5.7だったドライブのスコアは、7.3まで上昇。スゴい。ただ、CPUのスコアが6.2なのであまり意味は無いかもしれない。
 体感で言うと、起動速度は倍くらい早くなり、プチフリーズが起こる頻度がかなり減った。さすがにMacBook Air並みのサクサクとは言えないけど、改善したことは確か。悪くない買いものだった。