思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

アサシンクリード4が終わらない。

 アサシンクリード4を一日2時間くらいのペースでやっているが、やっとシンクロ率60%超え。全然終わりそうにない。おかげでブログも書けない。じゃあそれについて書こう。そうしよう。

アサシン クリード4 ブラック フラッグ

アサシン クリード4 ブラック フラッグ

 なぜ終わらないかと言うと、単純にやることがたくさんあるから。船に乗り、まず砦を占領して付近のマップのアイテムを表示可能にする。そして砦内部のアイテムも回収。これで15分。そして付近のスポットを探索。1スポットにつき移動込みで大体15〜30分。砦1つにつき大体5〜8のスポットがあり、砦の数が大体全部で10。さらに航海の合間に、積み荷を多く積んでる船を襲ったり、シャチやサメなどを狩ったりする作業が挟まり、その合間にメインストーリーという名の作業が挟まる。

 いや、真面目な話、メインストーリーがおまけ感が強い。アサクリシリーズは大体そうだが、今作は特に。なにせ船での移動に時間がかかるため、メインストーリーの相対的なプレイ時間が短過ぎて、印象に残らない。別につまらないというわけではないんだけど。

 メイン以外の、サブクエストをコンプリートする作業も、それなりに面白いことは確かなのだが、面白さの浮き沈み、というか、ピークみたいなものがないため、盛り上がることが無い。平坦で快適な道路をずーっとドライブしているような感じ、といったら近いだろうか。あえてヒドい言い方をすれば、なんだか少しずつ心が死んでいっているような感覚に襲われる。怖い。でもやめらんねぇ。廃人の発想。

 だったら一日一時間くらいでのんびりやったらいいんじゃないの?と自分でも思うが、そういう器用なことが出来ない性格だから困っている。一度熱中し出すと区切りのいいところまで進めたくなる。気づけば深夜。自己嫌悪。ゲームって怖い。まぁ、これも全部クリアするまでの話。

 あとついでに攻略について少し書いとくと、潜水ステージは、よく観察すると「順路」みたいなのがあるので、それに沿って進んでいけばある程度快適にクリア出来るはず。サメに襲われるのはある程度諦めた方がいい。