読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

ストレートネック対策には前傾クッションがいい、かもしれないという話

パソコン環境

 どうも最近体の調子が悪い。というか、年末年始にSkyrim漬け生活を送って以来、ずっと悪い。
 おそらく長時間イスに座ってマウスやキーボードを操作し続けたのが祟っているのだろう。おかげでひと月以上経った今でも首・肩・腰のコリや痛みに悩まされている。
 そろそろ本格的に体調を回復しないといけないな、と思い、しばらくしまいこんでいた『ドクターエル マルチクッション』を押し入れから引っ張り出して使うことにした。

ドクターエル マルチレストクッション 黒

ドクターエル マルチレストクッション 黒

 買ったときもこのブログに記事を書いたが、このクッションの特徴は、楔形なのでイスに置くと座面が前傾になるため、座ったときに自然と背筋が伸びるということ。
 ドクターエル マルチレストクッションを購入 - 思考だだ漏れノート
 こう書くととてもいいものに見えるが、ちょっとした難点がある。
 まず、素材が固い。カバーを外して中身を見てみたところ、発泡スチロールのような素材に、かなり薄いクッションを貼り付けただけのかなり簡素なつくりであった。おかげで長時間座っていると尻が痛くなる。この辺は上位製品である『スーパークッション ドクターエルEX』では改善されているらしい。
スーパークッション ドクターエルEX

スーパークッション ドクターエルEX

 固さ以前に、座面が前傾しているという時点で、重力によってイスからずり落ちる方向の力がかかってしまうことは避けられないのであって、このずり落ちる力に常に抗っていなければならず、体に余計な負担がかかる。
 このような理由があって、最近は押し入れに放り込んであったのである。
 しかし、このクッションが姿勢の矯正に効果がありそうだなぁ、と感じていたのも事実だったので、今回もう一度使ってみることにしたのだ。
 実際、久しぶりに使ってみると、自分の姿勢がいかに歪んでいたかを実感した。パソコンを長時間操作していると「ストレートネック」という症状が出てくる、という話を聞いたことがあるが、おそらくそれに近い状態になっていたと思われる。
 パソコンを操作していると、どうしても頭が前に出がちになり(=首の骨が真っ直ぐになり)、それによって自然と背中が丸まり、骨盤が後傾してくる。そこで座面が前傾のクッションを使えば、骨盤が前傾し、背筋が伸び、頭が前に出ない、体に負担が少ない姿勢になるんじゃあないかと思う。多分。
 とりあえず今日は3時間ほどマルチレストクッションで座って、正直言って途中で疲れてきたが、少し腰のハリがとれた気がする。これで全身が良くなればいいんだけれど。