思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『マルチS+AV端子ケーブル』のRCAプラグを修理した

 『マルチS+AV端子ケーブル』という製品を使っている。これは、Xbox360・PS3・PS2・WiiU・Wii・PSP-3000に対応した、S端子出力・コンポジット出力の映像ケーブルである。こう書くとスゴく便利に聞こえるが、あらゆる映像出力がHDMIに統一されている昨今の事情を考えると、そんなにスゴくない(小学生並の感想)。

(Xbox 360用/PS3・PS2用/WiiU/Wii用/PSP-3000用) マルチS+AV端子ケーブル

(Xbox 360用/PS3・PS2用/WiiU/Wii用/PSP-3000用) マルチS+AV端子ケーブル

 そのケーブルだが、コンポジット出力(黄色いやつ)の方を14型のブラウン管に接続したままブラウン管を動かそうとしたら、うっかり端子部分を壊してしまった。ぽっきりと。

 ↑テレビを動かす時は全てのケーブルを抜きましょう
 あんまし使ってなかったんだけど、念のため買い替えておこうかな、と思い、Amazonで調べたら妙に値段が高い。どうやら生産終了してしまったらしい。そりゃ今時S端子使う人もいないだろうしね。
 そこで、端子を自力で修理してみることに。コンポジット出力に使われているのは「RCAプラグ」というパーツ。秋葉原のパーツショップで購入した。
RCAプラグ

RCAプラグ

やりかた


 ↑ニッパーでカット。最初にカットしたところが先端過ぎたので三分割に。

 ↑外側の被膜をカッターで剥く。中まで切らないように。

 ↑シールド線をまとめ、芯線の被膜も剥く。写真がピンぼけしているのはカメラのせい。だれかデジカメください。

 ↑シールド線を外側、芯線を中心にハンダづけ。そして根元をペンチでかしめて完成。

まとめ

 イヤホンプラグを修理した経験はあるが、RCA端子を修理したのは初めて。思ったより簡単だった。というか、こんなに単純な構造だったのか、と拍子抜けした感じ。