読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

電源タップとUSB充電器で、USBLEDライトをスイッチ式ライトにした

モノ

 ELECOMのUSBLEDライトを使っている。夜中の読書灯などにちょうどいい明るさで、面光源なので影が多重にならずうっとおしくないのもいい。
 『ELECOM 高照度USBLEDライト ホワイト LEC-USB1N01WH』を買った - 思考だだ漏れノート

ELECOM 高照度USBLEDライト ホワイト LEC-USB1N01WH

ELECOM 高照度USBLEDライト ホワイト LEC-USB1N01WH

 しかし一つだけ不便な点がある。それは、オン/オフのスイッチがないということ。よって当然ながら、点ける時に刺し、消す時に抜く必要がある。買う前は大したことないと思っていたが、毎日使うとなると結構手間がかかるため、心理的抵抗がかかり、使うのが億劫になっていた。
 そんなある日、スイッチ式の電源タップに、iPodなどで使えるUSB充電器を刺し、さらにそこにUSBLEDライトを刺すことで、スイッチ機能を持たせる、という方法を思いつき、さっそく電気屋に走った。

買ったもの


 左が電源タップ、右がUSB充電器とLEDライト。

PGA iCharger USBポートAC充電器 iPod/iPhone/SmartPhone用 ホワイト RX-IPDAC05WH

PGA iCharger USBポートAC充電器 iPod/iPhone/SmartPhone用 ホワイト RX-IPDAC05WH

 電源タップの方は、寝る時の枕元に置くということで、スイッチがランプ式でないものを選んだ。本当はパナソニックのものの方がスイッチが押しやすそうだったんだけど、あんまり変わらないだろうということで数百円をオーム電機のものを買った。
 USB充電器の方は、単純にコネクタ部分が動かないもののうち、一番安いものを選んだ。
 他にも、「USBポートつきの電源タップを使う」「USB充電器にスイッチつきのUSBハブを刺す」というような方法も考えたのだが、費用対効果の面や、今ちょうど電源タップが欲しかったことを考えて、この二つを買った。

使用感


 使ってみたところ、なかなかいい感じ。電源タップに大きさがあるおかげで、倒れたりすることもない。iPodや携帯の充電器も刺して、さながら「スイッチ式・電源タップつきUSBライト」といった風情。
 唯一の難点は、始めから素直にスタンドライトを買っておけばよかった気がしてしまうということである。まぁ、なんか楽しげだからいいや。