思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『アサシンクリード2』を再プレイ

 『アサシンクリード2』を再プレイ中。

アサシンクリードII スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】

アサシンクリードII スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】

 アサシンクリードの本編シリーズは1から3まで全てプレイ済み。最近1を再プレイしてクリアした。
 2はもうちょっと後でやろうと思っていたのだが、つい先日NHKの「ふれあい街歩き」という番組でフィレンツェの風景が流れたのをうっかり観てしまい、今すぐ2をやりたい!という衝動を抑えきれなくなったので、急いで買い戻してプレイし始めたのである。
 プレイし始めたら、番組に登場した「ヴェッキオ橋」がさっそくゲーム内にも出てきて思わず興奮した。
 アサシンクリードシリーズでもっとも評価が高いのは2とBHなのではないかと思うが、実際、面白い(ニンジャスレイヤー風)。風景が美しく、登場人物が魅力的で、ストーリーもいい。
 自分はあまり評価の高くないアサシンクリード1もけっこう楽しめるクチだが、1から2にかけてはかなりの改善点があるわけで、面白くないわけがない。
 もちろん、最近のシリーズ作品と比べると、システム面で洗練されていない部分もある。
 一番気になるのは、ムービーがスキップ出来ないということ。イベント中にミスしてやり直す際に、イチイチムービーを見せられることになる。ダルい。
 あとは、フルシンクロというやりこみ要素がないのもちょっとつまらない。まぁ、3みたいなかったるいだけのシンクロ条件を押しつけられるよりはマシだけれども。
 もう一つ3と比べてよい点は、「秘密の場所」という、アスレチックなサブクエストの存在だろう。3にも財宝を探すという似たようなクエストはあったのだが、かなり規模が縮小してしまった上にアスレチック性が少なくなってしまって悲しかった。
 やはり面白いゲームは何度やっても面白い、ということを再確認。ぜひプレイすべき名作である。うん。