思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

フリーゲーム『インフレクエスト』をプレイ

 昨日書いたとおり、足の突き指をしてしまい、予定もないので今日は一日家にいた。

 ヒマなのでMinecraftをやっていたが、ダイヤを手に入れたところで飽きが来て、なんか他にやることないかなーと考え、思いついたのがフリーゲーム、すなわち無料のゲームをやるということ。

 RPGツクールのゲームがいいかな、と思い、ググって最初に見つけたのが『インフレクエスト』。どうやらつい昨日アップロードされたばかりのゲームらしい。

 インフレクエスト:無料ゲーム by ふりーむ!

 RPGツクールVX aceのRTPが必要ということで、インストールし早速プレイ。

ゆるいギャグの連発

 まず主人公が魔王を討つべく旅立つわけだが、その理由が「肉屋で買った肉が、良い肉じゃなかったから」というふざけたもの。この時点で、あぁ、ソッチ系ね、ということがわかる。悪くない。

 とりあえず師匠っぽいオッサンに、村の周辺にいる「ばたふらいほもぉ」という敵を10匹狩ってこい、と言われる。安易なネットスラングの濫用はちょっとマイナスか。

 言われたとおり狩りに行く。エンカウントは普通のRPGと同じランダムエンカウントだが、戦闘はちょっとアクションっぽい。

戦闘システム

 基本的には「こうげき」と「ぼうぎょ」のコマンドを切り替えて戦う。

 「ぼうぎょ」中は主人公のアイコンを縦三マスに動かすことが可能で、敵の攻撃を回避することが出来る。

 「こうげき」は、この縦三マスのうち、主人公が真ん中のマスにいるときのみ選択でき、真ん中から一歩前のマスに進んで、攻撃を繰り出す。攻撃は一定の間隔で自動で行われ、攻撃速度は武器の性能によって決まる。

 敵はこの4マスのうちどれかを攻撃してくるのだが、攻撃する前に予告として矢印が表示されるので、敵の攻撃を避けながらスキを見て攻撃する、というのがセオリーとなる。

 敵の攻撃はほとんどが複数マスへの攻撃であり、場合によっては全マスに攻撃してくることもあるので、レベル不足をテクニックでカバーするのはほぼ不可能と言っていいだろう。なのでジャンルとしてはアクションRPGに入るだろうか。

攻撃速度>攻撃力

 で、師匠の言うとおり「ばたふらいほもぉ」を10匹倒す。この間にも、一匹倒す毎にレベルが上ったりと、インフレの予感があったのだが、師匠から極意の伝授的なものを受けることで、なんとレベルが20以上上がった。これでは師匠というよりメタルスライムである。

 この後は、いわゆるおつかいイベントをこなしていくだけなので、攻略上特筆すべきことは特にない。レベルを上げるだけ物理で殴ればいい。

 アドバイス的なことを言うとしたら、序盤の武器は威力よりも攻撃速度で選んだほうがいい、ということ。

 と言っても、武器の攻撃速度は実際に使ってみないとわからない上、持てる武器は一度にひとつまで、捨ててしまった武器は二度と手に入らないという、ファミコン時代でも許されないほどの異様に不親切な仕様になっている。

 現在持っている武器と攻撃速度を比べるには、武器を手に入れる前にセーブして、遅かったらロードしよう。自分はそこまでしなくてもクリアできたが。

 とりあえず覚えている限りで言うと、一番目に行ける城でニワトリ(当然のように喋る)から貰える「ササミ」という武器が、攻撃力が低いものの攻撃速度が早かった。

最大の敵、村人

 このゲームでもっとも怖いもの。それはモンスターではなく村人である。

 各村、および城に、話しかけたりするだけでゲームオーバーになってしまう村人が結構存在していて、なにも知らないプレイヤーを容赦なく絶望に叩き落としてくるのである。怖い。

 例を挙げると、井戸を覗きこんだら後ろから突き落とされる、マッチ売りから買ったマッチを着火したところ、出現した幻影に斬り殺される、凍った肉まんを食べてお腹お壊して死亡、RPGでお約束の追いかけっこをしている子供にぶつかって死亡(この中に一人、強力な武器をくれる子供がいたりする)、などなど、シナリオ的に何らの必然性もないイベントによって即ゲームオーバーになる。シャドウゲイトもかくや、という死にゲーっぷり。

 これらは特に回避する方法が無いうえ、ゲームオーバーになるとセーブしたところまで戻されてしまう。新しい村に入ったら、必ずセーブしておいた方がいい。

 あと、ある村に、明らかに例のあのクッキーを増やすゲームのパロディと思われる、クッキー生産施設とおばあさんが登場する。道中でこまめにここに立ち寄ってクッキーを増やしておくと、最終盤でいいことがある。

魔王攻略法

 最終的には魔王の城で魔王と戦うことになるわけだが、魔王はこのゲームにおいて唯一と言えるであろう、攻略に戦術性が必要な敵キャラである。と言ってもそれほどの複雑なものではないが。

 というわけで、魔王攻略法を書いてみる。

 まず主人公のレベルだが、もちろんなるべく高い方がいい。自分はHPが300000を越えたくらいで倒せた。ただ、その辺のレベルで魔王の攻撃を食らうとほぼ一撃でやられてしまうので、レベルの高さ=攻撃力=倒すのにかかる時間だと考えて差し支えない。

 武器についてだが、自分が手に入れた中で一番強い武器が「スラ王の剣」とかいう名前の武器。攻撃力が120000くらいあり、攻撃速度もものすごく早い。

 入手方法は、砂漠へ行くために通る洞窟の中にいる、二匹のスライムの内一匹が持っているが、会話文を読む限り、自分の攻撃力が一定以下だと貰えないっぽい。

 そして肝心の、戦う際の戦術について。

 魔王の攻撃パターンは、自分の戦った限り三種類。

 まず一つ目は、三マスに対して斬撃みたいなので攻撃してくる技。これは攻撃対象になっていないマスに移動すれば回避出来る。

 二つ目が、主人公に向かって駆け抜けながら斬撃を放ってくる、バージルの疾走居合のような不快な技。この技は、四マスに対して矢印が出るので回避不可能に見える(背景が白いので見えづらいが、多分矢印が四つ出ている)が、実は「こうげき」を選んだ時の一歩前のマスに入ればダメージを受けない模様。

 そして三つ目が、地面に剣を突き立てた後、地面から飛び出す複数の剣で攻撃してくる技。この技も矢印が四マスに出るが、こちらはどうやら防御を選んで後ろの三マスのどれかにいればダメージを受けない模様。また、モーションが長く、技を出す前に魔王が正面を向くので、見てから簡単に対応できる。ハズ。

 まとめると、

  • 矢印が三マス→矢印が無いマスに逃げる
  • 矢印が四マス→「こうげき」で前に出て、魔王が正面を向いたら「ぼうぎょ」

 という感じでノーダメで戦えるので、あとは持久戦となる。上述の、HP300000超えのレベルなら、それほど時間はかからない。

 クリアまでにかかった時間は、ゲーム内時間で2時間ちょっと。最初の村の村人が「クリア時間は2時間位」というメタ発言をしていたが、きっかりその通りになった。

クリア特典はないっぽいが、隠し要素あり

 魔王を倒すとクリア、らしい。魔王前に戻って、さらに強化された魔王と戦うことも出来る。魔王は倒すほど強くなるらしいが、自分はめんどいので倒していない。

 今のところ、魔王を倒すことでの特典はほとんど無いらしい。どっかの村にいた格闘娘と戦えるようになっていたが、倒しても経験値とお金以外はなにもくれなかった。ちなみにコイツは、魔王よりちょっと早い三マス攻撃を連打してくるので、結構強かった。

 あと、クッキーババァの隣に牛が出現して「クッキーでガチャを回せる機能を実装予定」と言っていた。今後のアップデートがあるのかもしれない。

 と、書いている最中に、どうやら一定レベルで解禁される隠しダンジョンがあるらしいという情報をゲット。あとでやってみる。

まとめ

 この記事を書いている最中に気づいたのだが、このゲームの製作者「まっくす」氏、どこかで名前を聞いたことがあると思ったら、ニコニコ動画でゲーム実況者として有名なあのまっくす氏であった。

 【配布】主人公が凄い勢いで肉体強化するゲーム【スタート】 - ニコニコ動画:GINZA

 RPGツクールのゲームをやるのなんて、記憶に無いくらい久しぶりだというのに、たまたまやったゲームがたまたま有名配信者が作ったものだったというのは、なかなかの偶然である。

 ゲーム自体のボリュームは少ないし、内容自体もクッキークリッカー(+死にゲーとしての「I wanna be the guy」も?)にインスパイアされたというのがハッキリわかる感じだが、ゲームとしてそれなりに破綻の無いように作られていて、きちんと最後まで遊べるようになっている。まったりしたギャグ系ゲームで時間つぶししたい人にはオススメできるだろう。快適にプレイするならJoy to keyなどの連射機能を使うとベネ。

 よくよく考えるとゲームをプレイしている時間よりこの記事を書いている時間のほうが長くなっている気がするがキニシナイ。ブログ書くのも趣味の一つだからね。