思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

片道勇者プレイ日記 真エンド的なものをクリア

広告

 片道勇者の真エンド的なものをクリア。ネタバレになるので詳しくは書かないけど、一定距離進んだエンディングと、その後のエンディング。

 クリアすること自体は、セーブを利用したので簡単だったんだけど、長い距離を進まなければいけないため、結構時間がかかった。昨日と今日の二日がかりでクリア。難易度は厳しい旅で、クラスは勇者。

 攻略上気をつけたことといえば、倉庫から出した「試練の腕輪」でレベルを上げながら進み、魔王が出てきたら「加速の腕輪(途中で手に入れた)」で逃げる。以上。

 特徴を格闘*5にしたので、序盤はゼヌーラで無双出来たし、あとは装備を整えつつレベルを上げて進めば、ガンガン強くなれるしアイテムも集まる。勇者はステータスの伸びがいいので楽。女神像で敏捷を上げれば、試練の腕輪を付けたままでも魔王から逃げられる。

 特に試練の腕輪の効果は絶大。厳しい旅だと後半になるほどモンスターが強くなるのも相まって、接頭辞が「強そうな」程度でも一匹倒すだけで5レベル上がる。おかげで途中で仲間になったフリーダ姫ともどもものすごい強さになった。

 序盤以降は素手よりも武器を装備した方がいいので、特徴は登山*5をつけたほうがよかったと思う。

 一定距離進んだ後のエンディングを見た後、そのデータをもっかいロードしてその後のエンディングもクリア。キャラが鍛えられていたので超楽勝だったんだけど、これってちゃんと両方のエンディングを見たことになってるんだろうか。まぁダメだったら一定距離進んだエンドをもっかいやればいいのか。って大変だなソレ。

 とりあえずストーリー的なネタバレはほぼ怖くなくなったので、ネット上の攻略情報を見放題である。この瞬間がゲームの醍醐味かもしれない。あとは仲間キャラによってエンディングが変わるらしいので、それを見るのが今後の目標か。やろうと思えば全クラスで最高難易度クリアとかもあるだろうけど、そこまではまだいいかなぁ、という感じ。