読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

モンスターハンター4の新システム「発掘装備」について色々と。

MH4 ゲーム

 体調が悪いので家でモンハンをやった。モンハン4。

 すっかり飽きてきたと思っていたのだが、ちょっと前から再開してみたところ、案外面白い。

 何が面白いかというと、モンスターを狩るのが面白い。ゲームタイトルからして「モンスターハンター」なんだから当たり前だと思われる方もいるかもしれないが、これが結構当たり前でなかったりする。

 モンスターハンターは、モンスターを狩るゲームである。しかし決してそれだけではない。

 まずモンスターを狩る。するとそのモンスターの牙や鱗などの素材を貰える。で、その素材で武器や防具などの装備を作る。そしてその装備で新たなモンスターを狩る。という、一連の繰り返しがモンスターハンターというゲームのほぼ全てだと思っていただいて差し支えない。

 で、僕はもう既にかなりの種類のモンスターを倒して装備を作ったので、ゲーム内に登場するほぼ全てのモンスターは倒せるハズ。ただ、「強力なモンスター二体を同時に倒さなければならない」というようなクエストがいくつかあって、それをまだクリアしていないけど。

 なので、ゲーム中でやることがあまり残っていない。普通だったらそこでゲーム終了なのだが、今作モンスターハンター4には、そんな僕のような人のために新たなシステムが導入された。それが「発掘装備」である。

 発掘装備のシステムはなかなか複雑なのだが、かいつまんで言ってしまうと、「モンスターを倒すことで報酬として武器が貰える」というもの。

 これがどういうことかというと、ちょっと上の方で書いた「モンスターを倒す→素材入手→装備生産→モンスターを倒す→…」というサイクルの内の「素材入手」の部分をすっ飛ばしているのである。ちょっとしたゲーム性の否定である。

 その発掘装備の性能はランダムで決定され、極々稀に、素材から生産する装備よりも高性能なものが手に入るようになっている。

 どのくらい稀か、というと、確率の話になるので具体的に指し示すのがちょっと難しいのだが、四人同時に極めて効率のよいプレイスタイルでモンスターを倒し続けても、おそらく10時間以上はかかる。いわゆる「廃人仕様」というやつである。

 正直に申し上げて僕にはそんな「効率的プレイ」を一緒にやってくれるような友達はいない。オンライン通信で一緒にプレイする人を探すこともできるが、意思疎通がめんどくさい。っつーかなんでゲーム内でまで効率を求めねばならんのだ。仕事じゃあるまいし。

 かくして僕は非効率的なソロプレイを選ぶわけだが、実は発掘装備にはもう一つの入手方法があって、それは「モンスターが出てくるクエストに時々出現する採掘ポイントをピッケルで掘る」、というもの。

 僕のようなソロプレイヤーにとっては、モンスターを倒すよりも、採掘ポイントを狙った方が効率(また効率だ)がいい。なので、「採掘ポイントを掘る→爆弾で自爆する→強い発掘装備が手に入らなかったらリセット」というプレイングをひたすら繰り返すこととなる。

 なぜ爆弾で自爆するかというと、クエストはモンスターを倒す(クエスト成功)か自分の体力が三回ゼロになる(クエスト失敗)かしないと終わらないから。なぜリセットするかというと、採掘ポイントはクエスト成功か失敗すると消えてしまい、また出現させるのに時間がかかるので、リセットして採掘ポイントがある状態をキープするため。

 いろいろ書いたが、とどのつまり、いい装備が手に入るまでひたすらピッケルで岩を叩き続ける、という単純作業の繰り返しとなる。このプレイスタイルに対して、ネット上でついたあだ名が「炭鉱夫」。念のため確認しておくが、このゲームのタイトルは「モンスターハンター」である。

 もちろん、効率を度外視してモンスターを狩って報酬を狙うことも出来る。しかしどうしても「炭鉱夫の方が効率いいんじゃないか…?」という疑念が頭をかすめるのを避けられない。さらには、モンスターと戦いながら「炭鉱夫で強い武器を手に入れた方が、このモンスターをラクに倒せるんじゃないか…?」という、「タマゴが先かニワトリが先か」的な議論が脳内を支配しはじめ、もはや目前のモンスターに集中すること能わず、ちっとも楽しくない。

 結果、今日僕がやったことといえば「モンスターを倒す→強い装備が出ないので炭鉱夫をやる→やっぱり強い装備が出ないしつまらないのでモンスターを倒す→やっぱり強い装備が出ないので炭鉱夫を」というループ。堂々巡り。そしてやっぱり強い装備は出なかった。

 果たして僕は今日、ゲームを楽しめたのだろうか。イマイチ自信が持てない。自信が持てないからこんな文章を書いている。

 果たして発掘装備は画期的なシステムなのだろうか。それともオンラインゲームじみた過剰なやり込み要素でしかないのか。やっぱり自信が持てない。

 リアルもしくはオンラインで「狩友(プレイ仲間のこと)」を見つけられれば楽しめるのか。つーかそもそも僕がモンハンというゲームに向いていないのか。前々作のMHP3(前作3Gはやってない)まではあんなに楽しめたのに、オレが変わってしまったということか。つーかなんでゲームひとつでこんなに悩まなきゃならんのか。本でも読もう。っつって手元にある本がこないだ買った、プロゲーマー梅原大吾の「勝負論」。つくづくゲームが好きだな、オレ。

 と、いろいろ書いたけど、なんだかんだ言ってモンスターと戦うのは結構楽しいです、モンハン4。アクションゲームとしては相変わらずよく出来てます。弓で戦いにくいので、MH4Gでは出来ればもう少し地形を平らにしてくれると嬉しいです。あといちいち拡張パッドの接続が解除されるのが面倒なので直してください。あと装飾品全部外せる機能をつけてください。カメラの移動速度を変更出来るようにしてください。オトモアイルーももうちょい設定変更しやすくしてください。集会場に座ってるジジイが邪魔でクエスト受けにくいです。太刀をもっと強くしてください。って、思いつくままに書いてたらずいぶん長くなってしまった。数ヶ月後、そこには楽しそうにMH4Gをプレイするrhの姿が!あったらいいなぁ。

モンスターハンター4

モンスターハンター4