思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MH4G日記 「パラライズヴァイン」を作成

モンスターハンター モンスター図鑑12 【1.ガララアジャラ】(単品)


 今日はガララアジャラ素材操虫棍の最終強化系である「パラライズヴァイン」を作成した。猟虫の最終強化はまだだけど。強化前のニードルヴァインについての記事はこちら。

 パラライズヴァインとは、攻撃力自体は同時期に作成できるものの中では低い方だが、手数の多い操虫棍にしては多めの麻痺と、紫付きの良好な切れ味を持つため、G級中盤から後半にかけて大人気の一本(一振?)である。

立ちはだかるリオレウス亜種の壁

カプコン フィギュアビルダー クリエイターズモデル 蒼火竜 リオレウス 亜種 限定版

 ガララアジャラ由来の麻痺武器なのに、なぜか作成に「蒼火竜の厚鱗×6」を要求されるため、ソロで作れようになるのはリオレウス亜種が登場するG2クエストを受注できるようになってから。まだ天鱗とかじゃなかっただけマシではある。

 しかもリオレウス亜種単体がターゲットのクエスト「所によりリオレウス亜種」は、リオレウス亜種とティガレックスの同時狩猟クエスト「蒼き王者と絶対強者の対決!」をクリアしないと出現しないという、ソロプレイヤー殺しの鬼畜仕様になっている。カプコンめ…。

 最初に「蒼き王者と絶対強者の対決!」に行ったときは、G級の動きが初見だったことや、ティガレックスが希少種並みにデカかったこともあって、無残にも三乙。再チャレンジした二度目でなんとかクリアした。

 その後「所によりリオレウス亜種」を二回クリアして、青火竜の厚鱗6つが集まり、ようやくパラライズヴァイン作成にこぎつけた。

 今作のG級リオレウス亜種はなかなか手ごわい。新モンスターのセルレギオスがわりと飛行しまくる感じだったので、空の王者(笑)の座を譲ったかと思いきや、やはり本家は格が違った。低空からの毒爪キック→ブレスのコンボや、範囲が広がった滞空爆発ブレスなど、さらに危険度を増してた攻撃でハンターを攻め立てる。おかげで何度かハメ殺された。閃光玉の携帯を強くオススメする。解毒笛を吹けるオトモアイルーを連れて行くのも手だろう。

乗り→麻痺のコンボが強力

 さっそく出来上がったパラライズヴァインG級ジンオウガを狩ってみたが、評判通りなかなか強力であった。乗り→麻痺で長時間拘束できる、大ダメージを叩き込める。猟虫を強化エキス効果時間延長にしているのもあってなかなか快適。

 ただ、狩りが長引くと乗りも麻痺も発動しにくくなってくるので、若干息切れ感が出てくる。ソロでも強力だが、パーティープレイで真価を発揮する武器、といったところか。

 次に旅団上位の未クリアクエスト消化にも使ってみたが、さすがG級武器、上位ゲリョス亜種をほぼ一歩も歩かせずに3分ほどで狩猟出来た。斬撃に弱いゲリョスだったこともあるだろうけど。

 というわけで、なにかと便利なパラライズヴァイン、ぜひ作ってみてはいかがだろうか。なんだか料理番組の締めみたいになってしまった。

モンスターハンター4G スペシャルパック

モンスターハンター4G スペシャルパック