読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MH4G日記 G級ミラバルカンをソロ討伐&操虫棍「焔魔滅龍棍【劫炎】」を作成

 ようやくG級ミラバルカンを倒し、今作最強操虫棍の一角と目される「焔魔滅龍棍【劫炎】」、通称バルカン棍を作成することが出来た。こみ上げる達成感。いつもどおり、そのへんのことについてさくさくと書いていきます。

G級ミラバルカンの性能について

ダイハツミライースのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報第455弾)
 ミライース…ではなくミララースという別名を持つG級ミラバルカンは、G3クエスト「来たれ、破滅の鬨よ」に登場するのだが、上位のものと異なる様々な特性を持っている。

 まず明らかに見た目が違う。通常状態で既に赤っぽく、さらに怒り状態になると赤やオレンジを通り越して黄色に近い色で発光する。まぶしい。心理的に。

 怒り状態では炎に関する能力が向上するらしく、ただ歩くだけでも足元に炎を発生させるほど。炎に当たると火やられ状態になる。さらに地面からランダムに炎柱を発生させてくる。当たると吹っ飛ぶ。

 さらに、突然体を縮こまらせたあと、前方に風圧と暑さダメージを発生させる新技が追加。その場に立っていると体力ゲージがみるみる赤色に変わっていくので、急いで離れるべし。スキル「暑さ無効」があればダメージは無いらしい。暑さ無効でもダメージは防げない模様。また、後方にいればダメージは無いので、後ろ足を攻撃するチャンス。

 そしてそして、バックジャンプ→地面に向けてブレス→滑空攻撃という凶悪なコンボも繰り出してくる。滑空攻撃は即死級の威力なので、バックジャンプブレスが来たら急いで回避しよう。

 それ以外は上位までのミラバルカンとそれほど変わらない。もちろん攻撃力、体力はG級相応に強化されているが。

対ミラバルカン専用装備を作って攻略

 自分は三回G級ミラバルカンを狩って「焔魔滅龍棍【劫炎】」を作成したが、戦うごとに毎回装備を改良していき、最終的にソロ25分針で討伐することが出来た。その時の装備がコチラ。

■男/剣士■ --- 頑シミュMH4G ver.0.9.5 ---
防御力 [485→749]/空きスロ [0]/武器[1]
頭装備:ジンオウXヘルム [2]
胴装備:発掘胴 [刀匠+4]
腕装備:クジュラハトゥー [1]
腰装備:怒天ノ帯・真 [2]
脚装備:バンギスXグリーヴ [3]
お守り:天の護石(号令+4,火耐性+14) [2]
装飾品:菌究珠【1】×5、乗慣珠【1】×5、斬鉄珠【1】
耐性値:火[15] 水[-7] 雷[5] 氷[-4] 龍[-6] 計[3]

細菌研究家
火耐性【小】
業物
真打(斬れ味レベル+1、攻撃力UP【大】)
乗り名人
*火やられ小無効
-------------------------------

 基本的な戦術は、「乗り名人」で乗りを狙い、「真打」「業物」による火力で頭を殴って大ダメージを狙う、という感じ。爆破やられ対策に「細菌研究家」、火属性やられ対策に「火耐性【小】」をつけた。本当は「高級耳栓」や「乗りマスター」、「暑さ無効」もつけたかったが、火力を犠牲にするほどではないと思い、今回は採用しなかった。

 上記では火耐性が15になっており、本来なら「火やられ小」しか無効にできないが、幸運にも発掘胴防具の火耐性が+5だったおかげで火耐性が20になり、「火やられ大」も無効にできるようになった。

 武器は龍操虫棍の「THEミラクル」や無属性操虫棍「アヌビス」を試したが、前者は物理火力がイマイチであり、後者は属性が無いため非怒り時のダメージが低く斬れ味もすぐ低下するので、最終的には氷操虫棍の「サムドラ=ダオラ」に落ち着いた。黒龍棍が作れない現状、おそらく生産操虫棍の中ではこれが最適解かと思われる。

 戦い方としては、なるべく後ろ足の後を陣取り、通常時は常にジャンプ攻撃で乗りを狙い、怒り時は危険なのでジャンプ控えめで脚や腹を攻撃しつつ、大きいスキにジャンプ攻撃していく、といった感じ。

 この装備くらいの火力があれば、ほぼジャンプ攻撃のダメージと、乗りダウン時の頭への攻撃によるダメージだけで討伐が可能だと思う。なので三乙しないことだけを念頭に置いて戦うようにした。モドリ玉を調合分持ち込んで、危なくなったらベースキャンプに戻って体制を立て直した。

バルカン棍の性能はいかほどか

 三回の討伐で手に入れた素材と、元々持っていた「古龍の大宝玉」を使って作成した「焔魔滅龍棍【劫炎】」。属性武器としてはトップクラスの物理攻撃力に加えて、560という圧倒的な爆破属性値を持っている。

 実際の性能はどの程度なのかを確かめるため、極竜玉集めも兼ねて旅団最終クエストの「師匠からの試練」をやってみることにした。

 で、結論から言うと、タイムアタック動画を参考にしながら数回練習し、極限強化も済ませた上で挑んだところ、16分17秒93というタイムが出た。僕のようなヘタクソでもこれくらいのタイムを出せるのだから相当強いことは間違いない。ちなみにタイムアタック動画では罠・火事場なしの「焔魔滅龍棍【劫炎】」で6分台のタイムを出していた。

 そのあと大老殿クエストの「阿鼻叫喚のカルテット」にも行ってみた。ジンオウガ・ガララアジャラ亜種・ティガレックス・グラビモスという、弱点も肉質もバラバラの相手が出てくるクエストだが、爆破属性のおかげでかなりストレスフリーに初見クリアできた。すばらしい。余談だが、最近極限状態の相手ばかりでストレスまみれだったため、極限化しない相手がものすごく楽に感じた。

 今作はMH3Gほど爆破属性が強くないので、なんにでもバルカン棍、という訳にはいかないだろうが、一匹の体力の低い連続狩猟などには最適な武器であることは間違いない。あとゴグナントカさんが爆破に弱いらしい、という情報もあるので今度試しに狩ってみようと思う。強い武器を作った時の満足感は、やはりモンハンの醍醐味である。