思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

「Final Round」に感化されてウル4再開

ウルトラストリートファイターIV

ウルトラストリートファイターIV

 「Final Round」というアメリカの格闘ゲーム大会をインターネット配信で試聴した。で、それに感化され、またもや「ウルトラストリートファイター4」を再開した。つくづく影響されやすいやつ。

www.youtube.com

 今回のウル4大会は日本の「ももち」選手とシンガポールの「Xian」選手による決勝となった。昨年のカプコンカップ2014と全く同じ組み合わせ。今世界で最も勢いのある二人と言っても過言でないだろう。激戦を制したのはXian選手であった。

 ちなみに僕もももち選手と同じケンを使っているが、実力の方はさっぱりである。Xbox360版でやっているが、最近ようやくPP500以下くらいの人なら安定して勝てるようになってきたくらい。初心者に毛が生えた程度である。

 しかし下手なりに少しずつ上達しているようで、だんだん投げ抜けが決まるようになってかなり楽しい。下手でも上達する喜びが味わえるのが格ゲーのよいところである。

 あと立ち中パンチや屈中パンチを置き技として振るのが結構強い、ということに最近気づいた。スト2系のゲームをほとんどやってきていないので、こういう地上戦の知識があまり無かったりする。


 Final Roundでは、僕が昔結構やっていた「アルティメット マーヴル VS カプコン3」というゲームのトーナメントもあったのだが、時間の都合で見なかった。動画サイトに上がってる録画を見ようと思う。

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM(R) 3(アルティメットマーヴルバーサスカプコン3)

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM(R) 3(アルティメットマーヴルバーサスカプコン3)

 アルカプは、マーヴルコミック、及びカプコンゲームのいわゆる「キャラゲー」として非常に良く出来ているし、対戦ゲームとしても一周回って(いちおう褒め言葉)好事家向けのいいゲームだとは思うのだが、版権の都合なのかアップデートが無かったり、ネット対戦のラグが多かったりと、細かいところで恵まれていない不遇のゲームだった。

 現在では、海外プレイヤーの間ではオフライン対戦が盛んだが、オンライン対戦が主流の日本ではプレイヤーがかなり少なくなっている。その点ウル4は、マイナーハードであるXbox360版でも、初心者同士で対戦がわりといつでもできる状況。なんだかんだで根強い人気。


 格ゲーといえば、こないだゲーセンでGGXrdで対戦して結構エキサイトしたことを思い出した。

GUILTY GEAR Xrd -SIGN

GUILTY GEAR Xrd -SIGN

 前々からずーっと欲しいと言っているPS3を、Xrdと一緒にそろそろ買ってもいいかな―とは思うのだが、今買うならPS4かなーと思いつつ、PS4だとアケステも買い換えないとだしなー、などと考えを巡らせている。きっとまた買わない。

 そんな感じで、すっかり冷めていた格ゲー熱が少々再燃気味。いいんだかわるいんだか。

 ここ最近の僕のゲーム歴は、モンハンにハマり、マイクラにハマり、そしてウル4にハマるという流れ。なんだかメジャーなものに飛びついているだけのような気もするが、スマホゲームが全盛の昨今、非スマホゲームをやっているという時点で、既にマイナーなのかも、などと考えたりもして。マイクラはスマホ版もあるけどね。

Minecraft ? Pocket Edition

Minecraft ? Pocket Edition