読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MacBook Air(2011)にEl Capitanをインストールした

f:id:rhbiyori:20151001155004p:plain

 MacBook Air(2011)にOS X El Capitanを入れた。

 ダウンロードからインストールまでに1時間もかからず。自動で再起動するともうEl Capitan。壁紙が変わっていた。

 他に変わったところがないか調べてみたら、メモアプリが変わったらしい。しかし自分は第四世代iPod touchを使っており、メモアプリをアップデートしてしまうと同期ができなくなってしまうみたいなので、アップデートしなかった。つまり今までのまま。

 それから日本語入力ソフト(Yosemiteから「ことえり」じゃなくなったんだよね)でライブ変換が可能になったと聞いて、現在試している最中。

 スペースキーを押さなくても、入力したそばから自動で文章が変換されていく。この記事もライブ変換を使って書いているが、割と快適。ただたまに処理が重くなるのが難点。

 もともと「ことえり」は変換がおバカだったのでほとんど使っていなかったが、Yosemite以降の日本語変換は割と賢くなったらしい。今もそこそこスムーズに入力できている。しばらくはこれを使ってみようと思う。まぁすぐにGoogle日本語入力に戻ると思うけど。

 全画面表示のアプリを二つ並べることができる「split view」も試してみたが、いかんせんMacBook Air 13インチの狭い画面では使いようがない。iMacとかならすげー便利そうだけど。

 それと「システム環境設定」→「一般」からメニューバーを自動的に隠すことができるようになったので、Dockも隠すようにすれば画面に壁紙のみを表示することができるようになった。それに意味があるのかどうかは知らない。

 アップデートごとに追加されるOS Xの壁紙だが、今回追加されたのはエル・キャピタン(ヨセミテ公園にある岩の名前)の画像が二枚。お好きな方のキャピタンをお選びください。