読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHX日記 体験版でブシドースタイルにハマる

 ついついやっちゃうモンスターハンタークロスの体験版。素材が溜まるわけでもないのにね。

 事前に予想していたことだが、やはりブシドースタイルが楽しい。なので必然的に、ブシドースタイルで戦いやすいナルガクルガばかり狩っている。

 とりあえずほぼ全武器のブシドースタイルは試したが、どれも個性があっていい。狩猟笛だけ試してない。操作がよくわからないので。あ、あと片手剣も使うの忘れてた。


 大剣はジャスト回避後「ダッシュ切り上げ→高速強溜め切り」ができる。高速強溜め斬りの溜めは本当に高速だが、そもそも強溜め斬りに行くまでにやや時間がかかるので、当てるのは結構難しい。上手く背後に位置取って振り向きに当てるなどの工夫が必要。ブシドーの強みを活かすには、強溜め斬りを使いこなす必要があるっぽい。

 太刀は好きな武器なので何度か使ったが「ジャスト回避→一文字斬り→気刃無双斬り」でゲージ色を変えられるので、狙いやすい相手なら即座に赤ゲージまで持っていける。太刀使いにとってはちょっとした革命である。ただし能動的にゲージを強化できないので、敵のダウン時などのために常に強ゲージ状態をキープする戦い方が必要だろう。
 ゲージを強化する必要が無い場合、「ジャスト回避→一文字斬り(X)→切り上げ(X)」と繋ぎ、そこから普通の気刃斬りコンボに行ける。気刃無双切りはスキが大きいので、使い分けたほうがダメージ効率は上がりそう。

 双剣は、鬼人化時、鬼人強化時にはジャスト回避と同時に攻撃が発動する。さらにその攻撃で鬼人ゲージが回復するので、ナルガのような相手なら鬼人化を使わずに鬼人ゲージをキープし続けることも可能

 ハンマーは回避後に強力な溜めができるが、どのくらい強力なのかは今後の解析待ちかな、という感じ。溜め武器である都合上、ナルガのように回避を多用できる相手よりは、そこそこの頻度で回避するような相手のほうが、テンポが噛み合うような気がする。

 ランスの「ジャストガード→十字払い」は、シンプルで威力が高そう。連携中に出せない代わりに高威力なカウンター突き、という感じ。

 ガンランスは「ジャストガード→突き上げリロード→叩きつけ→フルバースト」を連発すれば一気にヒートゲージを上げられる。ただしスキもかなりあるので、使いどころを見極めなければならない。スキはデカイがリターンもデカイという、いかにもガンランスらしい連携だと思う。

 スラッシュアックスとチャージアックスに関しては、正直言って武器自体をあまり使いこなせていないのだが、元々回避主体のスラッシュアックスと、ジャストガード(剣モード時)とジャスト回避(斧モード時)を両方使えるチャージアックスは、いずれもブシドースタイルと好相性な印象。

 操虫棍は、猟虫を自力で戻せないのはかなりのネックだが、敵に張り付いて戦う武器特性とブシドーはかなり好相性で、狩技の「虫纏」とのシナジーも高い。相手モンスターのエキスのとりやすさによって相性がかなり変わりそう。

 ボウガン系もあまり使わないので性能はよくわからないが、使ってて楽しいのは確か。あと、ブレスなどで遠距離攻撃してくる敵には非常に相性がよさそう。

 弓はジャスト回避後に溜めると即座にレベル3で撃てるので、拡散弓で敵に張り付けば非常に強そうだが、体験版は連射弓なのでそのへんは未知数かと。


 どの武器も、ブシドー最強とか最弱とかではなく、敵との相性によって強さが変動しそうな感じ。回避やガードで効果を発動するのだから当然と言えば当然だが。

 あとジャストアクションで狩技ゲージが溜まるので、思っていたよりも狩技をたくさん使えるのに驚いた。双剣・ランス・弓などは特にゲージの溜まりが早い。

 いずれにせよ本編でどうなるかはまだまだ未知数なので、そのへんは期待して待つしかない。今のところはブシドー操虫棍を使いたいかなー。元太刀使いで、MH4からは操虫棍だったから、また太刀に戻ろうかな、とも思ってたんだけど、あの手数と機動力に慣れてしまうとどうしても手放せない。