読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

「牛乳ブランド シェービングクリーム」を使った話

f:id:rhbiyori:20160223223842p:plain,h500

 最近絵の練習中なので、今日の記事では写真の代わりに絵で紹介。しかし僕の画力と安いペンタブの性能ではこれが限界だった。

 というわけで、牛乳ブランドのシェービングクリームを使った話。

牛乳ブランド シェービングクリーム 80g

牛乳ブランド シェービングクリーム 80g

 これまで髭剃りのシェービング剤はメンズビオレの洗顔とシェービングを一度にできるヤツを使っていた。

メンズビオレ 泡タイプ洗顔

メンズビオレ 泡タイプ洗顔

 不精な自分にはピッタリであったのだが、やはりメインの用途は洗顔であって、シェービング剤としての性能はぼちぼちといったところだった。

 特に髭剃りをフェザーの「サムライエッジ」に替えてからは、剃刀負けが多くなってきた。よく剃れるんだけど、剃れ過ぎる感じ。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 シェービング剤を替えれば良くなるんじゃないか、と思い、色んな店を探していて見つけたのが牛乳ブランドのシェービングクリームだったというわけ。


 牛乳ブランド、というと聞き覚えのない人も多いかもしれないが、あの「赤箱」や「青箱」で有名な牛乳石鹸を作っているブランドである。

カウブランド 赤箱10入 10コ入

カウブランド 赤箱10入 10コ入

 商品によって「カウブランド」とか「牛乳石鹸共進社」とか「牛乳ブランド」とかブランド名がまちまちなのが謎だが、全て同じ会社が作っているようだ。


 なんとなく、牛乳石鹸のメーカーなら肌に優しいんじゃないかと思って買ったのだが、使い心地はなかなかいい

 滑りやすさと使った後の洗い流しやすさのバランスがよく、過不足がない、という感じ。

 レビューなどでニオイが気になる、という声が多く、確かに独特の匂いがあるのだが、自分はそれほど嫌ではない、というよりむしろ好きな香りかもしれない。

 ちょうど牛乳石鹸の青箱があったので、それでまず顔を洗ってからこのシェービングクリームを使うと、適度に髭が濡らされて剃りやすくなった。

 気になる点があるとすれば、天然アロエエキスやメントールを配合しているため、「牛乳ブランド」感があまり無い、ということ。中国製だし。


 以前使ったことがあるメンタームのシェービングクリームもそうだが、こういうチューブタイプのシェービングクリームはあまり店頭で見かけることが無い。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 どうも「見た目が地味」という理由だけで人気が無いんじゃないかという気がするが、使ってみると意外と安くて良かったりする。買ってみないとわからないものである。