読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHX日記 イベントクエスト「太古に浮かぶ、黄金の月」(獰猛化リオレイア希少種)を閃光玉無しソロクリア

MHX

 獰猛化リオレイア希少種がターゲットのイベントクエスト「太古に浮かぶ、黄金の月」をクリアしたモンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス

 先日ようやく獰猛化リオレウス希少種のクエスト「太古を照らす、白銀の太陽」をクリアできたので、続けざまに獰猛化金レイアの方もプレイした、というのが今回の経緯。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 一般的には獰猛化金レイアのほうが厄介だと言われているようだが、閃光玉を縛ってプレイしている自分にとっては、獰猛化金レイアの方がむしろ戦いやすかった。なので今日の記事はさらっと書きます。

獰猛化リオレイア希少種の特徴と対策

 今作における獰猛化金レイアの、というか金レイアそのものの厄介な点は、鬼のような風圧責めにある。

 滞空→回りこみ→着地などで発生する風圧の硬直が長すぎるため、その後の被弾が確定してしまう。しかも回りこみからサマーソルトを出してくることもあるため、風圧を避けようとしたところでサマーソルトを喰らう、なんてこともままある。

 しかもそのサマーソルトの威力が恐ろしく高く、尻尾が獰猛化部位になっていた場合、状況によっては上位終盤の防具でも即死級。もちろん毒もあるので根性で耐えることも不可。格ゲーマー的表現をするならば、回避不能のクソ二択を連続で仕掛けてくる、という感じである。あなおそろし。

 ゆえに獰猛化金レイアと戦う場合は、風圧とサマーソルトの二つに対処しなければならない。

 まず風圧に関しては、もちろんスキルで対処することも可能だが、今回は双剣の鬼人化を強走薬グレート(調合分まで持ち込み)でキープし続けて戦う、という獰猛銀レウス戦と同様の戦法をとった。

 次にサマーソルトだが、実は今作の金レイアのサマーソルトは龍属性。上位終盤の防具はその大半が龍属性耐性が低いため大ダメージを受けてしまうわけだが、逆に言えば耐性を上げることで対処可能になっているので、ある意味有情な仕様とも言える。

 今回は防具「桐花(女性用は三葵)」一式に「龍耐性【大】」を発動させ、龍属性耐性を+10にした。これによって体力満タンなら獰猛部位のサマーソルトでも体力6割ほどのダメージに抑えることができた。

戦い方

 このようにキチンと対策をすれば、銀レウスと違ってちゃんと地上で戦ってくれる金レイアはむしろ戦いやすい部類。ブシドースタイルならサマーソルトも避けられるし。

 これも銀レウス同様だが、頭を狙って早めに破壊しておきたい。おすすめ武器は属性値が高く斬れ味が優秀な「双雷剣キリン」。地上ブレス中などに頭に鬼神突進連斬を叩き込むといい。

 滞空回り込み後のサマーソルトは、即出ししてくるパターンと、軸合わせしてから放ってくるパターンがある。ブシドー双剣なら両方のタイミングで回避することでジャスト回避が狙える。

 サマーソルト後は尻尾が垂れ下がるので、なるべく尻尾方向にジャスト回避し、尻尾に追撃するといい。

 今回は25分針で尻尾を切断でき、その後すぐに足を引きずって巣(エリア7)に帰って寝たところでそのまま捕獲。獰猛化銀レウス(40分針)よりもかなり早くクリア出来た。


 で、前回同様、獰猛化金レウスの素材も今のところ使う予定が無かったりする。月穿ちセレーネに強撃ビンがあればよかったのに……。

 残る難関イベントクエストは獰猛金銀同時の「円舞獰乱」だが、最近やっと村の最終クエストを出現させることができたので、そっちをやる予定。難しかったら攻略記事を書くと思う。

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

  • 作者: 週刊ファミ通編集部,週刊ファミ通編集部(書籍)
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2016/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る