思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHX日記 村最終クエスト「四天王の凱歌」を分断柵・けむり玉無しでクリア、村クエスト全クリア達成

 モンスターハンタークロスの実質的な村最終クエストである「四天王の凱歌」を分断策・けむり玉無しでクリアした。

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス

 厳密に言うと、このクエストはベルナ村の最終クエストであり、他の各村にもそれぞれ過去作のリメイクと言えるような内容の最終クエストがある。

 しかし今作の看板モンスターであるタマミツネ・ガムート・ライゼクス・ディノバルドを連続で討伐するという内容のこのクエストこそ、最終クエストの名にふさわしいのではないかと思う。

 クエスト内容は、上記のモンスターと闘技場で二体同時に戦う(1体を倒すとすぐに次の1体が出てくる)というなかなかに厳しいもの。まぁ最近難関クエスト用に使っている「ブシドー双剣+強走薬グレート」戦法ならなんとかなるだろう、と甘く見て挑戦したのだが、思っていた以上に苦戦した。

 ちなみに他の村の最終クエストも全て同じ戦法で分断柵・けむり玉無しでクリアしてしまった。ラージャン2頭、およびイビルジョー・ティガレックス・ナルガクルガのクエストは特に苦戦せず、獰猛化に慣れていたおかげで金銀火竜のクエストもなんとかなってしまった。慣れって怖い。

 分断柵・けむり玉無しでプレイしたのは、縛りというよりも、慣れないことをやって失敗した時の立て直しがめんどくさそうだというのが主な理由。だったらブシドー双剣で全部良ければ良くね? という安直な発想である。

 で、「四天王の凱歌」に話を戻すと、タマミツネ・ガムートによく効き、ライゼクスにもそこそこ効く火属性双剣「サラマンダー」と防具「桐花シリーズ(女性用は三葵)」という装備で挑んだ。ディノバルドは物理肉質が柔らかいのでなんとかなるかな、という判断。

 アイテムはいにしえの秘薬調合分とモドリ玉調合分を持込み。闘技場クエストの鉄板構成である。

 まずタマミツネ&ガムートだが、ここはタマミツネ狙いで特に問題なく討伐。いずれも攻撃頻度が高くないのが幸いした。

 次にガムート&ライゼクス。しかしここからかなりの苦戦。ガムート狙いで行ったのだが、巨体に阻まれてライゼクスの攻撃がまるで見えずダメージを受けまくり。一乙してなんとかガムートを討伐。

 さらにライゼクス&ディノバルド戦もフツーに苦戦。動きが素早い相手2体はやはり辛い。普段は気にならない雷属性やられのせいでピヨりまくったが、二乙でギリギリクリア。

 そして最後のディノバルド戦。流石に一対一なら楽勝かと思ったが、ここで拡張スライドパッド(ホリ製)の電池が切れるというまさかまさかのアクシデントが。

 最後のクエストの、最後の相手で、しかも二乙という状況で電池が切れるという、もはや神の思し召しかなにかとしか思えない展開。某動画サイトに動画をあげていたら相当コメント数を稼げただろうなぁ……。録画すらしてないけど。

 土壇場のアクシデントでテンパり、連続で攻撃を喰らってピヨってしまったが、どうにかこうにかモドリ玉を使ってベースキャンプに戻ることに成功。

 一息ついて拡張スライドパッドの電池を入れ替え、闘技場に戻り戦闘再開。したところすぐに討伐成功。いやー、よかったよかった。

 予期せぬ事態によって思わぬ形で思い出に残ることとなったクエストだったが、クリアで貰える頭防具「鶴寿の羽飾り」は「体力最大値+50」が発動するだけというガッカリ装備。まぁ全クエクリアが目的だからいいんだけど。

 これにて村クエスト全クリアを達成。この調子で集会場クエストも全クリアを目指したいのだが、二つ名クエストを白疾風以外ほとんどやっていないので、だいぶ時間が掛かりそう。今作はボリュームたっぷりであるなぁ。

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

  • 作者: 週刊ファミ通編集部,週刊ファミ通編集部(書籍)
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2016/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る