読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

缶ジュース「2つの食感グレープソーダゼリー」と、その味違いについて

食べた

 今日はダイドードリンコの缶ジュース「2つの食感グレープソーダゼリー」の話をしたい。

 その名の通り、ゼリータイプの缶ジュースで、振って開けることで自分好みの固さに調節して飲むことができる。似たような缶ジュースでJTの「ひんやり夏みかんゼリー」というのがあって、そっちも好きだった。こちらはどうも夏季限定らしい。

 ひんやり夏みかんゼリー - Wikipedia

 で、話を戻すと、「2つの食感グレープソーダゼリー」は、ゼリーでありながら炭酸入り、オマケにナタデココまで入っており、非常に独特の食感を楽しめる。

 初めて自販機で売っているのを見かけた時は「足し算、しすぎじゃね?」と思ったものだが、実際に飲んでみたところその食感にすっかり魅了されてしまい、出先で見かけるたびに買うようになってしまった。

 こういったフルーツジュースのフルーツ味は、いかにも「合成甘味料」という不自然な感じであることが多いのだが、これはわりと自然なフルーツ味をしているのもいい。

 味違いとして、マンゴー味が存在する。こちらもかなり美味い。

2つの食感ソーダゼリーマンゴー 280g×24本

2つの食感ソーダゼリーマンゴー 280g×24本

 しかし最近になってホワイトソーダ味が登場。これはこれで美味しいのだが、マンゴー味と入れ替わる形で自販機にラインナップされており、マンゴーを買える自販機が減ってしまった。

 もしかするとマンゴーはもうすぐ無くなってしまうのかもしれない。見かけた時に飲んでおくようにしよう。

 さらにネットで調べてみると、かつてアップル味が存在したが販売終了しているということが判明。

 さらにさらに、メロン味もあり、こちらは現行商品らしいのだが自分は見かけたことがない。地域限定なのだろうか。スーパーとかで売ってるらしいけど。