思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

リーボックのスニーカー「ベンチレーター ポップ」を買った

 スニーカーを買った。リーボックの「ベンチレーター ポップ」。インスタグラムっぽい自撮りをしてみた。スネ毛がキタない。

 上野のロンドンスポーツで買った。クーポン割引アリで2,800円。安い。

 後から調べたら、リーボックの公式サイトで同モデルのアウトレットが現在4,200円ほどで売っていたので、おそらく今回買ったのもアウトレットなのだろう。少々縫い目のほつれなどがあったが気にならない程度。

 名前すらロクに確認せず、見た目と履きやすさのみで選んだのだが、なんでもこのベンチレーター、発売から26年も経つロングセラーで、去年には25周年を記念して発売時と同じデザインのモデルが限定復刻販売されたらしい。へー。

 発売が1990年なので、デザインがややバブリーというか、「昔の近未来」感がある。でもこの「ベンチレーター ポップ」は名前の通りポップな色使いで、配色が少ないのでそこまでけばけばしくない。むしろ紫の色味がハデすぎることのほうが気になるが。

 もともとランニングシューズということで、軽くてクッション性も良く歩きやすい。よく歩くので大変助かる。ただ古い型であるためか、あまり人間工学とかなんとかを研究しているように感じない。古いことによる先入観だろうか。

 「ベンチレーター(人工呼吸器)」という名前の由来は、当時としては珍しいメッシュ素材を用いることで通気性を良くしたことにあるという。確かにこの真夏に履いてもあまりムレない。


 機能性が良く、見た目もオシャレスニーカーっぽいのでかなり気に入った。マイナーなのであまり他人と被らなそうなのも嬉しい。上野を歩いたら被りまくる危険はあるけど。