読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

iOS版『モンスターハンターポータブル2ndG』をiPod touch(第6世代)でプレイ

ゲーム

f:id:rhbiyori:20160914180300p:plain

 iOS版の『モンスターハンターポータブル2ndG』を、iPod touch(第6世代)でプレイした。

 配信開始時から気になっていたiOS版MHP2Gだが、当時は未対応機種である第4世代のiPod touchしか持っていなかった。

 最近になって第6世代のiPod touchを買い、iOSのバージョン的にもスペック的にも充分プレイ可能だと踏んで購入したのである。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 MHP2Gと言えば、PSPで発売され、ちょっとした社会現象を巻き起こしたほどの大ヒット作。かくいう自分も全シリーズ中で一番プレイしたタイトル(1000時間超え)で、このブログの記念すべき(?)最初の記事もMHP2Gについてだったりする。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 なのでゲーム内容がほぼ同一のiOS移植版を今さら本気でやり込む気は無い。じゃーなんで買ったのかといえば、単純な興味としてiOSに移植されたことで画質や操作性がどうなっているか、というのを確認したかったから。

 ちなみにこのiOS版MHP2Gは、発売後しばらく経ってから「最新のiOSでプレイ不可能」という、フツーに返金レベルなんじゃないかと思うほどの不具合が一定期間続いていたのだが、今年7月のアップデートでようやくiOS9に対応した。今回プレイ出来たのもそのおかげ。


 実際にプレイした感想だが、ほぼ事前にレビューサイト等で見ていた情報の通りだった。

 解像度とテクスチャのクオリティが上がっているため、とにかく画面がキレイで見やすい。近年のPCゲームのような各種3Dエフェクトがあまりかかっていないので多少ジャギジャギした感じはあるが、そのおかげでむしろ視認性が上がっている。

 ロードも早く、PSPのメディアインストール以上。特にクエストクリア後のセーブは本当に一瞬で終わる。ヘタしたら最新作のMHXより早いかも。

 システム面では、ターゲットカメラに自動ロックオン機能がついたものが使える、採取ポイントの上に立つとプレイヤーの頭上にアイコンが出るアイテムを持ち替えなくてもピッケル・虫あみが使用可能、など、タッチ操作に特化した機能や、後続のシリーズ作で追加された便利機能が搭載され、オリジナルより快適度が増している。

 操作系統もちゃんとタッチ操作に特化されており、無理なくキャラを動かせるようになっている。PSPみたいに同時押ししたりする必要はない。攻撃の操作にはフリックを用いるので、PS2時代の右スティック操作にちょっと近い感じ。

 iPod touchだからといって処理落ちしたりという感じも無く、自分がプレイした範囲では全てが正常に動作した先日公開されたiOS10でも問題なく動いたが、今のところ公式にはサポート外なので注意


 しかし4インチのiPod touchではやはり画面の小ささを感じる。

 特に仮想スライドパッドやボタンのサイズが小さいのが難点で、細かい操作が結構難しい。農場や所持アイテムの整理など、細かい操作が地味に多いモンハンでこれはツライ。

 そしてそれらのパッド・ボタンや体力バーなどのUIによって画面の大半が覆われているため、フィールドが視認しづらいのも困りどころ。

 そもそもPSPの画面は4.3インチだったわけで、いくらピクセル数がおよそ4倍とはいえ、それより小さい4インチの画面に全部を詰め込んだら、見づらくなることは避けられないのではなかろうか。

 おかげでガウシカ一匹倒すのすら苦労する。慣れれば多少はマシになるのかもしれないが。


 というわけで、本気でMHP2Gをやり込みたいなら、外付けコントローラーを使うか、いっそPSVita版をプレイすることをオススメしたい。「iPad miniならわりと快適」という意見もネットで見かける。あるいはiPhone6以降の大きいiPhoneならイケるのかもしれない。

 しかし気軽にモンハンを味わいたい、という人にとっては、これはこれで悪くないだろうとも感じた。ちなみに僕は村のドスギアノスを倒したところで止まっている。