思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

SkyrimSE日記その5 クエスト「闇に眠る刀剣」をクリア&ロッジの盾を取り返す

rhbiyori.hatenadiary.jp
f:id:rhbiyori:20161113214244j:plain
 前回ウステングラブで角笛の代わりに手に入れた謎のメモを手掛かりに、リバーウッドを目指すためホワイトランを出発。

 なお、グラフィックをファンタジーっぽくするMODを入れたので全体的に色味が強くなっているが、どうにも不自然なので後でアンインストールした。


f:id:rhbiyori:20161113214419j:plain
 3,000ゴールドほど溜まったので馬を購入。かわいそうだがフォロワーは馬騎乗MODが来るまで徒歩でついてきてもらうことにする。


f:id:rhbiyori:20161113214533j:plain
 馬のお陰で大変スムーズにリバーウッドの宿屋に到着。


f:id:rhbiyori:20161113214615j:plain
 メモに書かれたとおり屋根裏部屋を借りようとすると、


f:id:rhbiyori:20161113214645j:plain
 ババア、もといデルフィンに地下室へ案内され、「ドラゴンボーンだったら証拠にカイネスグローブのドラゴン倒してみろ(要約)」という命令が下される。実に上から目線である。


f:id:rhbiyori:20161113214917j:plain
 デルフィンを馬で押しながらカイネスグローブへ向かう。


f:id:rhbiyori:20161113214945j:plain
 途中で「ハイエナ」がムアイクさんを跪かせているのに遭遇。ランダムイベントが一度に二つ起こった結果である。実に珍しい。


f:id:rhbiyori:20161113215241j:plain
 デルフィンと戦わせてみると、なんとハイエナが勝利。コイツはなぜか妙にNPCに対して強いらしい。結局自分が倒した。


f:id:rhbiyori:20161113215349j:plain
 陽気な人に会ったが、うっかりブラックブライアの蜂蜜酒を勧めてしまい、機嫌を損ねてしまった。こうなると二度と機嫌は戻らないらしい。


f:id:rhbiyori:20161113215529j:plain
 カイネスグローブに到着すると、ドラゴンに襲われたという住人が。


f:id:rhbiyori:20161113215615j:plain
 さっそく現場に駆けつけると、アルドゥインがサーロクニールというドラゴンを復活させているところに遭遇。


f:id:rhbiyori:20161113215732j:plain
 しかしノルドの冷気耐性のお陰でフロストブレスが痛くないのと、仲間が二人いるおかげで、全然苦労せずに討伐完了。もうちょっとホネのあるやつ連れてこい。ホネになったけど。


f:id:rhbiyori:20161113215854j:plain
 やっとドラゴンボーンと認めてくれたデルフィン。今度は「サルモールが悪いっぽいから大使館に忍び込め。準備ができたらリバーウッドに来い(要約)」とのこと。


f:id:rhbiyori:20161113220020j:plain
 カイネスグローブに戻ると、三人がかりで亡骸を調べている村人たちが。多いよ。


f:id:rhbiyori:20161113220056j:plain
 宿屋にいたロッジから、先祖の盾を取り返してほしいとの依頼。カウンターに立っているので、てっきりコイツが宿屋の主人かと思ったが、実際はさっきドラゴンから逃げていたイドラさんが本物の主人だった。カウンターに近づくと自動で主人のモーションを取ってしまうのはNPCのサガなのだろう。

 しかもロッジはイドラに借金をしており、イドラは借金を帳消しにしてもいいと考えているのだが、ロッジはそれを認めず気に病んでいるという。そしてイドラから「ロッジに借金の帳消しを認めさせるよう説得して欲しい」という依頼を受けた。

 結果的には(威圧)でロッドを説得。報酬としてイドラから、ロッジが質に入れていたアイテムを貰った。


f:id:rhbiyori:20161113220551j:plain
 ダークシェイドに向かう途中、初の暗殺者と遭遇。特に恨まれるようなことをした覚えは無いんだけど。


f:id:rhbiyori:20161113220602j:plain
 ダークシェイドに到着。


f:id:rhbiyori:20161113221410j:plain
 中にはトロールが複数いたのだが、レベル11+難易度HARDだとまるで歯が立たず。結局幽体化を駆使して一気に駆け抜け、ロッジの盾だけ手に入れて逃げ切った。


f:id:rhbiyori:20161113221747j:plain
 カイネスグローブに戻り盾を返却すると、従者として連れ歩けるようになった。あまり戦力にならなさそうなので連れて行かなかったが。


f:id:rhbiyori:20161113221928j:plain
 ついでにクジャク石を採掘し、外にいたおっさんに売却して小銭稼ぎをした。


f:id:rhbiyori:20161113222008j:plain
 そして前から行こうと思っていたソルスセイムへ、ウィンドヘルムから船で向かう。スカイリムに来たがっているマスク姿の傭兵がいるような気がしたので。


f:id:rhbiyori:20161113222115j:plain
 SE版で初のソルスセイム。しかし相変わらず灰だらけなのでイマイチSE版の恩恵を感じられず。


f:id:rhbiyori:20161113222200j:plain
 というわけでテルドリン・セロさんを雇用。往復の交通費と合わせて1,000ゴールドもかかったが、それに見合う活躍をしてくれるだろう。メインクエクリア前に雇うのは初めてだ。


f:id:rhbiyori:20161113222310j:plain
 ところで別れたデルキーサスさんはちゃんとスカイリムのダークウォーター・クロッシングに帰れるんだろうか。追いかけてみればよかった。


f:id:rhbiyori:20161113222427j:plain
 スカイリムに戻り、角笛を渡すため馬でハイフロスガーへ。久々にムリヤリ登山をしたので、裏庭に馬がいるという本来ありえない状況に。


f:id:rhbiyori:20161113222753j:plain
 力のシャウトの最後の言葉「ダー」を教えてもらう。燃える闘魂とは一切関係ない。


f:id:rhbiyori:20161113222801j:plain
 グレイビアード達のシャウトに耐え、ついに本物のドラゴンボーンとして認めてもらった。


f:id:rhbiyori:20161113222950j:plain
 そしてハイフロスガーからムリヤリ下山をしたところ、ノースバウンドウォッチを発見。馬が垂直。


f:id:rhbiyori:20161113223032j:plain
 リバーウッドに帰着したところで本日のプレイは終了。次回はサルモール大使館に忍び込むことになるだろうか。しかしこのレベルと難易度でクリアできるか不安。

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4