読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

中古のメカニカルキーボード『FILCO Majestouch FKB108M/JB(茶軸)』を購入

f:id:rhbiyori:20161115213929j:plain
 近所の中古ハードショップでメカニカルキーボードを購入した。『FILCO Majestouch FKB108M/JB(茶軸)』。お値段2,000円+消費税8%と、大変お手頃であった。

 ずっと気になっていたメカニカルキーボード。古いモデル(現行品は『Majestouch2』)ということもあってちょっと悩んだが、「2,000円でお試し品が使える」と考えれば失敗してもそんなに痛くないだろうと思い、購入に踏み切った。


f:id:rhbiyori:20161116214729j:plain
 軸のタイプは「茶軸」。初代Majestouchが売られていた頃は茶軸が「スタンダードタイプ」と言われていたらしいが、都内の家電ショップなどの様子を見ると近年は赤軸のほうが主流という印象。

 自分的にも「赤軸」や最近出た静音仕様の「ピンク軸」が好みだったが(買ったこと無いけど)、音がうるさすぎる青軸以外だったらなんでもいいかな、という感じ。


f:id:rhbiyori:20161116215156j:plain
 配列は極めて標準的なテンキー付きの日本語配列。出来ればテンキーレスのほうが良かったが贅沢は言えない。Majestouchシリーズには印字が英語のみや前面印字のものもあるが、天面日本語印字。


 さっそく2日ほど使っているのだが、やはり慣れ親しんだメンブレンのキーボードとは一味も二味も違う打鍵感。

 メンブレン特有の「グニャッ」という感触が無く、茶軸の軽いクリック感以外は「ストン」とキーが沈んでいく。

 入力機器マニア、というほどではないが、人よりは確実に入力機器好きの自分にとっては至福である。タイピングの喜びが倍くらい増大した。


 一方で、入力音の方も大幅に増大。まぁ、あらかじめわかっていたことではあるが。

 下にタオルを敷き、余った部分を丸めてリストレストにするという方法である程度の音を軽減できたが、一軒家に一人暮らしとか、防音性のある家でなければ、深夜に使うのは厳しいと思う。

 指先の疲れにくさはメンブレンより確実に軽減した。ただ肩こりなどはエルゴノミクスデザインのキーボードのほうが少ないかもしれない。

rhbiyori.hatenadiary.jp


 やっぱりメカニカルキーボードは入力しやすいなぁ、という至極当たり前のことを、2,000円で体感できたので、実に目論見通りであった。

 ひとつ問題があるとすれば、これで家にあるキーボードがついに5台目に達してしまったということ。腕は二本しか無いと言うのに……。

rhbiyori.hatenadiary.jp
rhbiyori.hatenadiary.jp
rhbiyori.hatenadiary.jp

 複数キーボードでできることといえば、「たくさんキーボードを並べて凄腕トレーダーごっこ」くらいしか思いつかない。ひとり虚しくそんなことをしていたら心がブレイクしてしまうのは必定なので自重しておこう。うん。