読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

SkyrimSE日記その8 クエスト「愛の書」をクリア

skyrim

rhbiyori.hatenadiary.jp
 エズバーンに会うためにリフテンに来たのだが、メインクエストは後回しにして、マーラのクエスト「愛の書」をクリアすることにした。報酬がおいしいので。


f:id:rhbiyori:20161117134021j:plain
 マーラの司祭「ディンヤ・バリュ」に話しかけるとクエスト開始。マーラのお告げどおり恋人たちをくっつけてこい、という依頼。


f:id:rhbiyori:20161117134235j:plain
 まずはイヴァルステッドへ向かう、予定だったのだが、オーク要塞「ラーガシュブール」にうっかり迷い込んでしまい、別のデイドラクエストが始まってしまった。ここは華麗にスルー。


f:id:rhbiyori:20161117134353j:plain
 気を取り直してイヴァルステッドへ到着。村人の女性「ファストレッド」が「バシアヌス・アキシウス」という男と一緒にリフテンで暮らしたがっているのだが、両親に反対されているという。


f:id:rhbiyori:20161117134609j:plain
 が、実際のところ、母親の方は娘を応援している。


f:id:rhbiyori:20161117134649j:plain
 強く反対しているのは父親の方で、数ヶ月前まで「クリメク」という別の男に夢中だった娘がバシアヌスと一緒になっても幸せになれっこない、という主張。


f:id:rhbiyori:20161117134845j:plain
 実際に会ってみると、ハイフロスガーに荷物を届けるマジメで釣り好きなクリメクに対し、バシアヌスは礼儀も知らないダメ男。そこでクリメクに「ユー、ファストレッドにコクっちゃいなよ(意訳)」とけしかけてみる。


f:id:rhbiyori:20161117135032j:plain
 するとやにわにファストレッドの元へ駆け出し愛を告げるクリメク。ファストレッドはその場で愛を受け入れた。ちょろい女だぜ。


f:id:rhbiyori:20161117135158j:plain
 そんな愛の一大場面はファストレッドの家で、食事中の両親がガン見する中繰り広げられた。実にシュールである。


f:id:rhbiyori:20161117135356j:plain
 ともあれこれでマーラの神意を叶えることが出来たので、リフテンの聖堂に戻りディンヤ・バリュに報告。すると次はマルカルスの「カルセルモ」に会いに行け、との命。


f:id:rhbiyori:20161117135605j:plain
 一泊してから馬車でマルカルスに向かおうと宿に行くと、「マラマル」という男がマーラの偉大さを説いていたが、わりと邪険にされていた。この男、どうやらディンヤ・バリュの夫らしい。


f:id:rhbiyori:20161117140237j:plain
 結局、夜の内に馬車でマルカルスへ行くことにした。夜に出発したが到着しても夜だったので、24時間くらいかかったらしい。


f:id:rhbiyori:20161117140338j:plain
 初めてマルカルスに入ると殺人事件イベントが起こる。あまり関わり合いになりたくなかったが、死ぬとわかっているのを見過ごすのも気分が悪いので、やられるまえに犯人を成敗。


f:id:rhbiyori:20161117140505j:plain
 カルセルモに会いに行く。ドワーフの研究者をやっているおじいちゃんで、どうやら首長側近の女兵士「ファリーン」に惚れている模様。


f:id:rhbiyori:20161117141250j:plain
 「イングヴァー」という男ならファリーンの好きなものがわかるだろう、ということで会いに行くと、詩が好みという情報をくれ、さらに詩が得意な彼の作品をカルセルモ名義に書き換えて200ゴールドで売ってくれた。内容はちょっとアレだった。


f:id:rhbiyori:20161117141532j:plain
 途中でステンダールの番人「ティラヌス」に話しかけられたが、また別のデイドラクエストが始まってしまうので無視。


f:id:rhbiyori:20161117141634j:plain
 ファリーンに会いに行こうと首長の部屋の前に行くと、大使館で出会った「オンドルマール」に再会。ドヴァキンの顔は覚えていないらしい。あんなドンパチがあったのに。


f:id:rhbiyori:20161117141738j:plain
 ファリーンさんに詩を渡すと、即デレ。どいつもこいつもチョロすぎる。


f:id:rhbiyori:20161117141835j:plain
 ファリーンから受け取った愛の手紙をカルセルモに渡す。


f:id:rhbiyori:20161117141859j:plain
 するとファリーンの元へ駆け出すカルセルモ。始まるラブ・ロマンス。ただただ見守るドヴァキン。微妙な違いってナニ??


f:id:rhbiyori:20161117142005j:plain
 めでたくリア充が爆発したことをディンヤ・バリュに報告。するとマーラのアミュレットをかけてみろ、と言われる。言われたとおりにすると、マーラのお告げであろうか、ドヴァキンレーダー、もといクエストマーカーがホワイトラン西部を指したので向かってみることに。


f:id:rhbiyori:20161117142127j:plain
 今回は馬車では無く馬で移動。途中でショール・ストーンという地味な街を通り過ぎようとしたところでドラゴンに遭遇、これを退治した。


f:id:rhbiyori:20161117142316j:plain
 ムアイクにも遭遇。会うだけでお得感がある。


f:id:rhbiyori:20161117142348j:plain
 マーカーが指す先には「ルキ」という女の幽霊が。夫と離れ離れになり、成仏できずにいるらしい。


f:id:rhbiyori:20161117142509j:plain
 まだ戦争が続いていると思い込んでいる夫の霊「フェンリグ」を説得し、妻の元へ連れて行く。


f:id:rhbiyori:20161117142558j:plain
f:id:rhbiyori:20161117142606j:plain
 100年ぶりに出会えた二人の魂は天へと召されていった。が、召される寸前に落下するというSkyrim恒例のバグがやはり発生。スクショ撮り損ねたけどやっぱりシュールだった。


f:id:rhbiyori:20161117142728j:plain
f:id:rhbiyori:20161117142734j:plain
 近くに見える小高い丘に寄り道し、金の鉱脈を掘ったり、スケルトンの傍らにあった金庫の中身を頂戴したり。


f:id:rhbiyori:20161117142904j:plain
 そしてホワイトランから馬車でリフテンに戻り、一連の出来事を報告すると、ようやくクエスト完了。長い道のり(物理的に)であった。


f:id:rhbiyori:20161117143001j:plain
 クエスト報酬の永続魔法効果「マーラの使徒」は、魔法耐性+15%と非常に優秀。コレのためにSkyrim中で愛を説いて回るドヴァキンが後を絶たない模様。


 というわけで本日のプレイは終了。次回はメインクエストを進めてエズバーンに会いに行く予定。

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4