思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『ポケットモンスター サン』をプレイ開始

 御存知大人気RPGの新作『ポケットモンスター サン』をプレイし始めた。

 もともとポケモンシリーズにはあまり興味がなく、金銀以降全く手をつけていない状態だったのだが、途中をすっ飛ばしていきなり『ポケットモンスターX』をやったところ、なかなか楽しめた。って、あれももう3年も前か。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 自分はストーリー部分を遊ぶだけの「エンジョイ勢」で、対戦などをやる気はないのだが、Xの時もそれで楽しめたので今作も同様の期待を持って購入。ニンテンドーeショップからダウンロードで買った。

 Xの頃は初の3Dポケモンという新鮮さがあったが、今作サン・ムーンはマンネリ打破のために様々なテコ入れがなされているのをプレイしていて感じる。

 長すぎるナッシーの首で話題になった「アローラのすがた」を始め、ジムの代わりに各地にいる「ぬし」ポケモンや島キングを倒していくというストーリーも新しい。

 他にもひでんマシンの廃止とその代替としての「ポケモンライド」など、「ポケモンのストーリーは毎回やること一緒だなぁ」と感じていた人への配慮が見受けられる。


 で、実際にやって面白いのか、というと、今の所は普通に面白いです。ハイ。

 ドラクエに連なるRPGの醍醐味である、ちまちまレベル上げしてちまちまストーリーを進める、という心地よい作業感をキッチリと味わわせてくれている。それだけで及第点。

 ポケモンを集め、強そーなやつや面白そーなやつを育て、敵を倒していく。時々買い物したり、学校に行ったり、南の島を冒険していく。なんていうか、冬の夜中に布団の中でやるのに最適。

 正直に言えば多少はマンネリを感じないでもない。また序盤にコラッタか、とか、またケーシィがテレポートで逃げるのか、とか。

 でもそのコラッタがアローラのすがたになった結果、妙に強くなっていたりして、微妙な新鮮感を味わったりもする。

 少々気になる点で言えば、ストーリーにおいて迷わないための配慮が非常に行き届いており、次の目的地が大変わかりやすいのはいいのだが、自由度が低く感じられるという点。

 まだ序盤だからだと思うのだが、まるで遊園地(今は「アミューズメントパーク」と言ったほうがいいのだろうか)のアトラクションを体験しているかのような不自由感がある。

 あと突然メニュー画面に「フェスサークル」というのが追加され、選択すると謎空間に飛ばされる。どうやらすれ違い通信的な要素らしいのだが、ストーリーだけをやっている身からするとものすごい唐突感がある。


 それでもRPGとしては楽しいし、モクローも可愛いし(フクスローに進化したらちょっとアレだけど)、当分は楽しめるだろうと思う。ところでリーリエのキャラデザってちょっと狙いすぎだよね。可愛いけどね。うん。好きだけどね。うん。あと主人公はベッドフェチ。