読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

スマホアプリ『ラジオクラウド』を使用した感想および今後の要望

ラジオ

 前回はラジオについて書いたので、今回は『ラジオクラウド』の話をしようと思う。

ラジオクラウド

ラジオクラウド

  • Hakuhodo DY media partners Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料
play.google.com

f:id:rhbiyori:20170205215404j:plain:h500

 『ラジオクラウド』は、民放ラジオ局が配信する番組の一部やオリジナル音源をダウンロードして視聴することができるスマホ用アプリである。平たく言えば「ラジオ局によるPodcastみたいなアプリ」だ。

 以前、TBSラジオがPodcastの配信を終了し『TBSラジオクラウド』というサービスに移行したのは記憶に新しい。

 TBSラジオクラウドはストリーミング形式だったためネット環境が無いと利用できず、大変不便であった。実際、TBSラジオに苦情のメールが来たりしていたらしい。

 とあるTBSラジオの番組で「ダウンロード再生可能なアプリの開発を検討中」という話をしていたのだが、つい先日実際にリリースされた『ラジオクラウド』は、TBSラジオだけでなく、文化放送やニッポン放送など他の放送局の音源も聴取可能なアプリになっていた。


 で、さっそく使ってみたのだが、これがまぁとにかく使い辛い

 不便な点を挙げたらキリがないのだが、全体的に「とりあえず必要な機能だけ載せてリリースしました」感がひしひしと伝わってくる。

 しかしなぜ不便を感じるかと言えば、これまで使ってきたPodcastアプリと比較して機能が貧弱すぎるからであって、Podcast以前にこのようなラジオ番組ダウンロードアプリがあったとしたら大変重宝したであろうことは間違いない。まぁそれはそれで、なぜ先行アプリを参考にして制作しなかったのか、という話になるが。

 アプリの配信元はあの博報堂の関連企業。大手広告会社がいかにIT系に弱いかを露呈してしまう形になっている。ちなみに『radiko』の方は電通が絡んでいるらしい。

 現状では、聞きたい音源をいちいち選択してダウンロードしなければならないので、Podcastのように登録した番組を自動ダウンロードする機能はなるべく早く実装していただきたい。もしかしたらiOS側の縛りで実装不可能だったりするんだろうか。

 それと番組を切り替えるときの「ページめくりエフェクト」がもっさりしてるのも気になる。ページが指に追従せず、スワイプするごとにペラリとめくれる古臭い動作。おしゃれにしようとして失敗している感じが妙に腹立つ。

 あと、TBSラジオ以外の放送局は、Podcastで配信しているのにラジオクラウドでは配信していない番組が多数。具体的には文化放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』や『いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン!』などが未対応。配信の基準が不明。


 今後のアップデートで機能改善してくれることを期待したいのだが、配信元が大手広告会社というのがネック。中小企業や個人の方が頻繁にアップデートしてくれるイメージがある。言い方は悪いけど、殿様商売してきそうな予感。予感が外れてくれるといいんだけど。

 (画像はiTunes配信サイトから引用)