読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『モンスターハンターダブルクロス』の体験版をプレイした感想

モンスターハンターダブルクロス (【初回封入特典】『モンスターハンターダブルクロス』オリジナル「テーマ」(2種)のダウンロード番号 同梱) - 3DS


 『モンスターハンターダブルクロス』の体験版を遊んだので記念に感想を書いておく。

 まずは前作で最もお世話になったブシドー双剣でイャンクックに挑む。

 すぐに、鬼人強化状態のジャスト回避攻撃で鬼人ゲージが増えなくなっているということに気づく。まぁ強すぎたから妥当な弱体化ではある。

 それ以外は前作とそれほど変わらず。ジャスト回避後のステップ中は無敵だし、ステップを出さないことも出来る。

 また、鬼人化中のジャスト回避攻撃の鬼人ゲージ増加量は前作より増えている気がする。検証待ち。

 SP狩技の血風独楽も使ってみたが、元々ほぼ使ったことがなかったので違いがわからず。


 次にサポート傾向ビーストのニャンターでボルボロスに挑んだ。

 ビースト強化で殴りまくるとわりと気持ちいい。威力はよくわからない。ビースト強化中にXボタン技の最終段を当てると、太刀の気刃大回転斬りのように攻撃力がアップするらしい。

 ただニャンターでモンスターと近距離戦闘するのは若干厳しい。主にカメラワークが。モンスターがデカすぎて何が起こっているかサッパリわからなくなる。

 ちなみに今作ではブーメランが微妙に弱体化されているらしい。前作では(極端に言えば)ブーメランを投げているだけで勝ててしまっていたので妥当な調整だろう。

 またビースト限定っぽいが、Rボタンがガードではなく小さくバク転するようなモーションになっていた。ブレイヴスタイルのイナシに相当するモーションと推測されるが実際に攻撃を受けていないので不明。

 さらに、回復笛のモーションが短縮されており、前作では2回笛を吹くモーションだったのが1回で済むようになった。これによりハンターが回復薬を飲む程度の時間で体力を回復できるようになり、しかも回復は他のハンター・オトモアイルーにも及ぶ。相当強い気がする。


 その次はブレイヴスタイルの太刀でベリオロス狩猟。

 納刀継続によるイナシに慣れるまで少し時間がかかったが、慣れてくるとブシドー回避よりも簡単。正面からの攻撃しかイナせないが、発動時に自由に向きを変えられるのでバンバンイナせる。

 ただイナシすぎるとガンガン赤ゲージが増えていく。特に怒り状態だと顕著。それで一乙を喫してしまった。

 どうやらイナシはジャスト回避・ジャストガードのように積極的に狙うものでないらしく、ゲージを貯めるにはイナシよりも納刀継続からの攻撃を使ったほうが効率が良い模様。新モーションでカッコいい。

 ブレイヴ太刀は練気ゲージの色が白→黄色→赤の三色ではなく、ブレイヴ状態になるといきなり青色に強化される模様。シンプルでわかりやすい。

 納刀継続から出せる『剛・気刃斬り』はいわゆるスーパーアーマーがついているようだが(さっき公式動画を見て知った)一度も使いこなせず。

 おそらくブレイヴスタイルの追加によってスキル「回復速度UP」や「逆上」の地位が大きく向上するのではないかと思う。あるいはイナシのダメージを減らすスキルとかも出るかもしれない。


 その後、ボマーのニャンターでジャスト回避が出来ると言う情報を得たのでもう一度ベリオロスと戦った。

 すると確かにジャスト回避が出来る。ジャスト回避をすると小タル爆弾を一発落としながら前転移動が発動。もしかすると前転中無敵かも。

 これまで見向きもされなかったボマーの地位が向上したと言える。ただ爆弾は当たりづらい上に、味方をふっとばす可能性もある(要検証)。

 あと火力面はおそらく普通のニャンター。大タル爆弾も立ち回りで当てるのは難しい。

 でもニャンターでジャスト回避できるのはかなり戦いやすくなると思う。ダブルクロスの攻略序盤はボマーニャンターメインで行くかもしれない。