思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHXX体験版 ブレイヴスタイル片手剣の特徴と立ち回り

 『モンスターハンターダブルクロス体験版』のブレイヴスタイルを使った感想をまとめる。今回は片手剣。

rhbiyori.hatenadiary.jp

ブレイヴスタイル片手剣の特徴(ギルドスタイルからの変更点)

追加モーション

  • 「バックステップ連撃」:ブレイヴ状態時、「斬り下ろし」等の後X+Aボタン
  • 「ジャンプ連撃」:納刀継続後X+Aボタン、またはブレイヴ状態時、「バックステップ連撃(二段目)」X+Aボタン
  • 「真回転斬り」:ブレイヴ状態時、「バックステップ連撃(二段目)」が使用可能

変更点

  • 「バックステップ」「溜め斬り」が使用不可
  • 「回転斬り」が納刀キャンセル攻撃専用化

納刀キャンセル攻撃

  • 「ジャンプ連撃」:Xボタン
  • 「回転斬り」:Aボタン

ブレイヴスタイル片手剣の立ち回り

 非ブレイヴ時はバックステップが使えなくなり、ブレイヴ状態になることでバックステップに似た性能の「バックステップ連撃」が使えるようになる、というのが大まかな性能。基本的なアクションに変化は無いので、従来からの片手剣使いならすんなり馴染めると思う。

 「バックステップ連撃」は各種攻撃中にX+Aボタンで派生できる、「①ステップしながら攻撃→②飛び込みながら攻撃」という連撃。①と②の間に斬り上げや回避に連携できるのもバックステップ同様。おそらく無敵時間もあるだろう。

 最初のステップはスライドパッドを入力した方向に出る(入力しないと後方)ので、バックステップという名称だが実質的には移動攻撃に近い

 移動速度・距離ともにかなりのもの。しかも①と②の両方で方向を指定できるため、アクロバティックに狩猟場を動き回ることが出来る。

 さらにバックステップ連撃から「ジャンプ連撃」に連携可能。こちらは「突進斬り→斬り上げ」に似たモーションの移動技。

 つまり実質三連続で移動技が繰り出せるという、どこぞの烈火拳のような突進ムーヴが可能となるのである。もし突進斬りから連携できれば四連移動技だったのだが、おそらくできない模様。

 しかしあまりに機動力が高すぎて小回りが効きづらく、片手剣のリーチの短さも相まって攻撃を当てづらいのが難点だったりする。融通の効かないヤツである。

 「真回転切り」はバックステップ連撃後にAボタンで出せる二段技の回転攻撃。使ってみた感じだとモーション値かひるみ値、あるいはその両方が高い様子。②の後にしか出せず、①の後に出そうとすると斬り上げが出てしまうので注意。

 抜刀でのアイテム使用が可能という点で納刀時間が遅くなるブレイヴスタイルに向いていると言えるが、元の納刀が早い武器だったので違和感は大きいかもしれない。ただ体感では他武器種のブレイヴスタイルよりは納刀時間が短い(要検証)。おそらく元の納刀時間が短い武器ほどブレイヴスタイルの納刀時間も短くなるのではないかと思われる。

 それと通常連携からの「回転斬り」が使えなくなるのも地味に痛い。代わりにバックステップ連撃を使えということか。

 納刀キャンセル攻撃は、突進技の「ジャンプ連撃」とゲージ増加量の多い「回転斬り」の2つ。いずれも使い勝手は良好。


 総じて言うと、バックステップ連撃を始めとする移動技で派手に立ち回りたい人向けのスタイルと言える。定点攻撃がやりにくいので強さ的には未知数。