読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHXX体験版 ブレイヴスタイルランスの特徴と立ち回り

 『モンスターハンターダブルクロス体験版』のブレイヴスタイルを使った感想をまとめる。今回はランス。

rhbiyori.hatenadiary.jp

ブレイヴスタイルランスの特徴(ギルドスタイルとの比較)


『MHXX』ブレイヴスタイル紹介映像【ランス】

追加モーション

  • 「盾払い攻撃」:ブレイヴ状態時、X+Aボタンで使用可能。ガードポイントあり

変更点

  • 「キャンセル突き」「カウンター突き」がブレイヴ状態時専用化。「盾払い攻撃」からの連携のみで使用可能
  • 「突進」への連携が変更。「盾払い攻撃」「納刀継続」からのみ連携可能。納刀ジャンプ中は使用不可

納刀キャンセル攻撃

  • 「十字斬り」:Xボタン
  • 「突進」:X+Aボタン
    • 「フィニッシュ突き」:「突進」後、XorAボタン
    • 「なぎ払い反転フィニッシュ」:「突進」後、スライドパッド後ろ+Xボタン
    • 「急停止」「突進」後、Bボタン、
    • 「突進ジャンプ」:「突進」後、スライドパッド+Bボタン
      • 「ジャンプ突き」:「突進ジャンプ」後、Xボタン

ブレイヴスタイルランスの立ち回り

 ブレイヴ状態時にX+Aボタンで使用可能になる「盾払い攻撃」により、立ち回り・コンボが大きく変化する。

 モーションは「ガード前進」→「盾攻撃」をコンパクトにした感じ。出始めにガードポイントがあり攻撃を受け流しながら攻めることが出来る。カウンター突きのような感覚で気軽に使える上、スタン値もそれなりに高いようで、体験版のイャンクック程度なら簡単にスタンを取れる。

 「中(上)段突きⅠ・Ⅱ」「中(上)段強突き」から連携でき、さらに「盾払い攻撃」からは「中(上)段突きⅠ」が出せるので、スキの大きい強突きを介さずにループできるのが強み。ただし前進するので定点攻撃にはあまり向かない。

 さらに「突進」「カウンター突き」「キャンセル突き」と多彩な攻撃に繋ぐことが出来る、まさに連携の要となっている。

 中段突き・上段突き・ガード突きから突進への連携が削除されているが、納刀継続から突進を出せるので、慣れれば他スタイルと同じような感覚で使えると思う。ゲージも溜まるのでオイシイ。


 納刀キャンセル攻撃は「突進」に加え、ブシドースタイルのジャストアクションと同様の「十字斬り」が使用可能。いつでも使える都合上、威力はブシドースタイルのものより抑えられているようだが、範囲の広さは健在でゲージ増加量も多め。即納刀継続に連携できないのは少々不満だが使い勝手は十分。


 総合的な印象では盾払いを中心とした独自の立ち回りが特徴で、「盾払い攻撃に始まり、盾払い攻撃に終わるスタイル」といった印象。相手ににじり寄りながら堅実に攻めていきたい。

 防御面ではカウンター突き・キャンセル突きがとっさに使えないため、よりモンスターの攻撃に合わせた連携を構築することが求められるだろう。