読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

GGXrdR家庭用15段スレイヤーによるポチョムキン・アクセル・ヴェノム戦考察

GGXrd

rhbiyori.hatenadiary.jp
 ↑この記事のコメント欄で質問を頂いたので記事で回答させていただきます。というわけで今回は丁寧語で書かせていただきます。はい。ランクマしながら書きました。

質問内容

 こういう場合引用していいのかよくわからないので、質問内容の概要をまとめると、

  • アーケードで赤段位のスレイヤーに勝てない
  • ポチョムキン・アクセル・スレイヤーを使っている
  • スレイヤー側がキツイ行動や、スレイヤーの連携などの弱点を教えてほしい

 ということでした。

回答

 自分は家庭用15段、相手の方はアーケード赤段位ということで僕より圧倒的に強いと思います。なのであまり参考にならないかもしれませんが、自分自身の中での整理も兼ねて、一応スレイヤー目線で色々思うことを書いておきます。「浅いなぁ」と思ったら華麗にスルーしていただけると幸いです。

スレイヤーの連携などについて

 スレイヤー側がキツイのは、「甘い固めに暴れられる・飛ばれる」「低空ダッシュに対策される」といったあたりをキッチリ使い分けられること、でしょうか。

 もちろん飛び道具もキツイです。上手い人にアクセルのレンセンやヴェノムのスティンガー・カーカス・弾幕を撃たれるとやることがないです。

 スレイヤーのリバサバクステはかなり強いですが、猶予が短いので確実に決めるのが難しいです。技(特に下段)をキッチリ重ねればリバサバクステしかしない相手にはリターン勝ち出来るかと。

 連携に関して言うと「マッパハンチ」は通常ガードで微不利、「アンダープレッシャー」は直ガでスレイヤー不利、「(近S→遠S連携の)近S」は直前ガードで割り込めるなど、実は穴が多いです。

 その辺をごまかすために上手い人は無敵付加やDステ、前ダッシュ、低空ダッシュなどで的を絞らせないようにしていると思います。逆に言えば中距離での選択肢の多さがスレイヤーの強みです。

 無敵付加は実は無敵が短い、Dステは打点の低い暴れに弱い、前ダッシュは小技暴れに弱い、低空ダッシュはバックステップに弱いなど、それぞれに弱点があるので、相手側としてはクセを見つつ読み合う感じになると思います。

 バースト対策しにくく、そもそもリターンが少ないのであまりバースト読みしない人が多いのもスレイヤーの特徴かと思います。特に赤ロマキャンコンボをバーストされるとスレイヤーとしては状況不利になります。逆に、相手にバーストがある時はゲージを温存するスレイヤーはかなりの手練と言えます。

 ただし近S→遠距離S→近距離Sの連携にバーストすると、勝手にバーストをガード出来てしまうことがあるので注意です。

ポチョムキン戦

 ポチョムキン戦ですが、牽制全般とハンマフォールのせいで近づきにくく、適当にマッパやアンプレを撃つとガードからポチョバスされるイメージです。

 長めのしゃがみP、デコピンなどもキツく、じりじりとラインを上げられるとかなりプレッシャーがかかります。牽制に対してKマッパを狙っている時はスライドヘッドが当たりやすいです。

 スレイヤー側としては低空ダッシュジャンプSが有効なので多用しがちです。判定自体は弱いのでポチョのジャンプ攻撃やメガフィストなどで潰れると思います。

 あとポチョのリバサバクステに対して、スレイヤー側はあまりやることが無く、わりと有効です。バクステ読みで低空ダッシュや持続の長い技を重ねるとリターンが薄かったりリスクがあったりします。

アクセル戦

 アクセル戦は、鎖を伸ばす系の通常技に関してはタイミングを読んでKダンディーステップの無敵や無敵付加で近づけるので、わりとなんとかなったりします。

 ただレンセンはかなりしんどいです。微妙に姿勢が低いのでジャンプ攻撃がスカったりするのもしんどみがあります。積極的に撃ったほうが良いと思います。曲鎖に関してはガードからマッパ出来るのであまり撃たないほうがいいかもしれません。

 アクセルの2HSも地上の選択肢全般を潰されるのでキツいですが、1回飛べば近づけるのでマシです。2HSガード後、もう一度2HSと6HSの択に対してスレイヤー側は逃げるくらいしかやることが無いです。

 リバサ弁天は、読んだときのリターンが大きいので控えたほうが良いと思います。上記の通りスレイヤーは固めにスキマが多いので、割り込み弁天を狙う方が有効かと。

ヴェノム戦

 ヴェノム戦は、一度スレイヤーが触れば大幅に有利なので、いかにそこまで行くか(行かせないか)の戦いだと思います。

 弾幕がキツイですが、被弾覚悟で前ステップと低空ダッシュで前進すればいつかは近づける、という感じでやっています。逆に言えばヴェノム側はそこでいかにダメージを稼げるかが重要でしょう。

 あとあまりスレイヤーの飛び込みをあまり警戒しない人が多いので、キッチリ6Pなどでとがめた方が良いかと思います。

 上の2キャラに比べると、牽制をパイルや2HSなどで潰しやすいので、ヴェノム側は慎重に牽制を振ったほうが良いかもしれません。

 ヴェノムの固めでは、端でスレの立ちKの外側からカーカスを打たれるとキツイです。S版だけならバクステで避けられれますが、HS版を混ぜられると辛いです。


 自分の意識していることはこんな感じです。上級者の動画などからの受け売りも多いので、そちらも見ておくといいかもしれません。もう見てるかもしれませんが「まちゃぼー」さんのスレイヤー対策動画はかなり役立つかと思います。

 それとポチョムキン使いの「FAB」さんがスレイヤー使いの「はせ」さん、「エン」さんと対戦している動画が、OPENRECというサイトのアーカイブに残っているので、それも見てみると良いかもしれません。有料会員にならないと一度しか見れないのがアレですが……。