思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 狩猟解禁!プレイ一日目の感想&弓を使った印象

 出ましたね。出ましたよ。『モンスターハンター:ワールド』。やってますか? やってますよ。モンスターハンター:ワールド。しつこい。

 というわけで26日発売のMHWを絶賛プレイ中。とりあえず初日の感想を書いていこうと思う。

プレイ初日の感想

 全体としては、体験版や公式情報から感じていた通り、全てが快適になったモンスターハンターという印象。

 以前の記事にも書いたとおり、モンハンシリーズはMH3あたりから実質マイナーチェンジで作品を重ねてきた面があり、近年のゲームと比較して時代遅れの仕様も結構多かった。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 そういった点が、不満点がほとんどすべて改善されている。っていうか100%って言い切っていいかもしれない。

 スキルシステムの簡略化、アイテム管理の自動化、装備強化派生表の可視化、などなど、いちいち挙げていったらキリがないのだが、ありとあらゆる面でブラッシュアップの手が加わっている。よっぽどユーザーの意見を聴いてフィードバックしまくったのだろう。

 正直に言うと、もうちょっとシリーズの早い段階から改善に着手して欲しかったなぁ、という思いはあるが、まぁ過ぎたことは忘れよう、うん。


 で、そんな改善されたシステムの上に、最新クオリティのグラフィックと、新たな超立体的かつ細密に作り込まれたフィールド、そしてより動物ライクになったモンスター達が有機的に組み込まれ、一個の完成したゲーム体験を織りなしているのである。うん、ちょっと難しい言葉を使ってみたくなった。

 過去作シリーズで培ってきた良さと、改善点、そして新要素の全てがハマるべきところにキッチリハマっており、モンスターハンターの最新作として満点、と言いたい。少なくとも一日プレイした限りでは。

 自分のように過去作を散々やりまくった人間にとって、序盤はかなり難易度が低く、あまり手応えは無いのだが、新規にはちょうどいいだろうし、進めるほど難易度が上がるハズなのであまり心配はしていない。

 今のところ唯一のストレス要素はロードが長いということのみ。まぁこれは薄型PS4を使ってる以上は仕方ないし、休憩時間だと思えばガマンできるレベル。でもPro欲しいなぁ。SSDに替えたらロード速くなるんだろうか。

プレイ日記&弓を使った印象

 感想はここまでにして、以下プレイ日記的なことを書いていく。

 まず最初のキャラメイク。45分ほどかけたのだが、結果的には「おめめパッチリのおじさん」みたいな奇妙な感じになってしまった。しかしこれ以上キャラメイクに時間をかけていられないのでそのまま続行。

 キャラの顔は、イベント時のカメラアップの顔と、ゲームプレイ時のカメラが引いた時の顔とで画質が変わるので、こだわりたい人はキチンとゲームプレイ時の顔も確認した方がいいらしい。スゲー時間かかるけど。


 武器は体験版で決めていたとおり弓をメインで進めている。

 操作がTPSに近くなったので非常に快適になった他、接撃ビンが無限化&ダメージアップ効果がついたので、お金が足りない序盤でも強撃ビン無しで行けるのが嬉しい。

 また竜の一矢に切断効果がついているので、尻尾切断も狙いやすくなった。ボウガンといい、遠距離武器で切断を狙えてしまったら打撃武器の立つ瀬が無くなる気がするのだが、利用できるものは利用させてもらう。

 細かい話をすると、フィールドの起伏が非常に激しくなった結果、照準を使わずに撃ついわゆる「水平撃ち」の使い所がほぼ存在しなくなっている。使わなければいいだけの話なんだけど、若干システムが噛み合ってないように感じる。


 弓の強化は今のところ鉄弓派生とハンターボウ派生の2種類しか出現していない。最終的にもっと増えるのかは不明。

 鉄弓派生は基本的に強撃ビン使用可能で攻撃力が若干低く、ハンターボウ派生は強撃ビン使用不可のかわりに攻撃力が高いものが多い。例外もいくつかあるが。序盤はハンターボウ派生を使ったほうがお金の節約になりそう。

 ただ自分はここまで強撃ビンを一切使わずプレイしてきたが、「お金が足りない!」という状況が発生していないので、過去作のような序盤の金欠はボウガンでも使わない限り起こりにくいのかもしれない。

 あとスキルに関してだが、今作は普通の溜めを使う機会が減っているので、「ランナー」や「集中」より「スタミナ急速回復」や「体術」を優先したほうがいいかもしれない。少なくともランナーは微妙。


 現在は3つ目のマップである「陸珊瑚の台地」に到達したところまで進めた。

 ここまで特に苦戦することはなく、一度だけ探索で出会った初見のパオウルムーにダウンさせられたが、それ以外はダウンすらせず。

 しかしまさかこんなに早く例のアレと相まみえることになるとは思わなかった。だって、ねぇ。

 今のところはネットの攻略情報等をほぼ仕入れずに進めている。楽しみを増やすために他のゲームも大抵そうしているのだが、モンハンシリーズはこれまで攻略情報無しだと結構キツかった。

 でも今回は装備の派生表や、モンスターの弱点までゲーム内で確認できるので、ゲーム外の情報無しでも今までよりかなりラクに進められると思う。素晴らしい。今まで一番助かったのは、新モンスター(ジュラトドス)の尻尾切断が可能かどうかチェックできたこと。


 そんな感じで楽しみながらじっくり味わいっていきたいと思う。なんせモンハンがここまで一気に進化するなんて数年に一度の祭。楽しまなきゃソンである。そして廃人へ……。