思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 序盤オススメの弓 トビカガチ素材の『パルサーボウ』が強いという話

 『モンスターハンター:ワールド』を弓で攻略中。陸珊瑚の台地に行けるようになったところで、そろそろ武器を揃えたくなった。

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4

 で、今作から追加されたゲーム内の武器派生表をながめたところ、トビカガチ素材で作れる雷属性の弓『パルサーボウ』のカタログスペックがやけに優秀。

 ☆4時点で作れる『パルサーボウⅡ』は、雷属性付きな上に、同時点で作れる弓の中でトップタイの攻撃力を持ち、しかも強撃ビンが使える。もちろんマイナス会心は無い。明らかに優遇されている。

 というわけでさっそく作成のためトビカガチ狩りに取り掛かった。

 しかし今作の新モンスターであるトビカガチ、結構手強い。攻撃スピードが早く、木に登って飛びかかってくるなどトリッキーな動きで翻弄してくる。過去作のナルガクルガ的ポジションと言えるかもしれない。

 オマケに帯電してパワーアップし、雷属性の攻撃を繰り出してくるようになる。まるでジンオウガ。大技の飛びかかり攻撃でピヨらされたら即ダウンの危険もある。

 最大の弱点である尻尾がやたらデカイ、という、おちゃめな(?)一面も持ち合わせているので、冷静に攻撃を見極めて尻尾に剛射を当てていけば勝機は見えてくるだろう。体力はかなり低めな模様。


 パルサーボウⅡを作るためには「飛雷竜の爪」が3つ必要になるが、コレがまた厄介。

 トビカガチの爪は射撃のダメージがかなり通りにくく、破壊に時間がかかるのだ。

 一応基本報酬でも爪は出るのだが、だからといって破壊しないと、討伐したのに一個も手に入らない、なんてこともありうる。っていうか自分は経験した。安定の物欲センサー。

 破壊を早めるために弱点である水属性の武器を用意するか、いっそ武器種を別のものに変えるのもアリかもしれない。動きの早い双剣とかが相性よさげか?

 それと「深海の結晶」は陸珊瑚の台地にある採掘ポイントから入手できる。マップでマーキング(R3)しながら探せば簡単。


 と、そんな風に紆余曲折を経てパルサーボウⅡを作成。ハンターボウから乗り換えた。

 そして使ってみたら、やっぱり強かった。そりゃ数字的に強いんだから当然だ。

 余った素材で「カガチヘルム(頭防具)」を作成し装備すれば、スキル「体術」が発動するので、射撃時のスタミナ消費を減らせる、ハズ。多分。射撃に効果あるのかまだ検証してないけども。

 ともあれこの武器で、陸珊瑚の台地のモンスター共をガンガンしばき上げてやる予定。うーん、楽しみ。苦労して作った装備で強敵を狩る。これぞモンハン。