思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 ソロ弓でストーリークリアしたので攻略にオススメの弓を紹介

 『モンスターハンター:ワールド』のストーリーをクリアし、ようやくエンドロールを見ることが出来た。発売から一週間とちょっと。過去作と比べればちょっと短かったか。

 β版から弓をメインで使うと決め、最後まで他の武器は使わなかった。せっかくなのでクリアまでに使った弓をオススメ順に紹介していこうと思う。ネタバレ注意で。

トビカガチ弓(パルサーボウ→飛雷弓イテカガチ→飛雷弓【羽々矢】)

 トビカガチ素材の雷属性弓。作成時期が早く、ストーリー進行に合わせて順当に強化していくことが可能。なので序盤から中盤はこれ一本で進むことが出来た。

 純粋にハンターボウ系を上回る物理火力を持ち、しかも強撃ビンが使用可能。特にストーリー前半は「物理に強く属性に弱い」タイプのモンスターが出てこないので、苦戦することはほとんどなかった。

 さらに雷属性は後半の強敵であるネルギガンテの弱点属性だったので、大いに役立ってくれた。しかも最終強化に必要な素材もそのネルギガンテだったりする。自分は素材が集まりきらなかったので作れなかったが。あとクシャルダオラも龍属性が弱点。

ジュラトドス弓(アクアアロー→ウォーターシュート)

 ジュラトドス素材の水属性弓。ウラガンキン、ヴォルガノスといった水属性弱点のモンスターが登場する龍結晶の地に到達した時に作成した。

 攻撃力・属性値はやや控えめで、状態異常ビンを使えないという欠点はあるが、作成難易度がかなり低い、。最終強化に必要なレア素材は竜玉程度。なのでとりあえず作っておくことをオススメしたい。

 古龍ではテオ・テスカトルが水属性弱点なので、終盤まで役に立つだろう。

リオレウス弓(火竜の強弓)

 リオレウス素材の火属性弓。同じ火属性弓には序盤から作成可能なアンジャナフ素材のものがあったが、火属性弱点のモンスターが特にいなかったので作成しなかった。

 終盤になり、リオレウス素材が余っていたので最終強化の火竜の強弓Ⅲまで作成した。トップクラスの物理火力と十分な火属性値に惹かれて。

 結果的には火属性弱点のヴァルハザクや、全属性がまんべんなく効くラスボス戦で非常に役立ってくれた。

 ただし後々のことを考えると、スキルでマイナス会心をプラスにすることが可能なアンジャナフ弓のほうが将来性はあるかもしれない。まぁ自分は見た目が好きだからレウス弓使うけども。

レイギエナ弓(グレイスアロー→ファーンライク→レイ=ファーンライク)

 レイギエナ素材の氷属性弓。四属性弓を揃えよう、と思って作ったのだが、正直あまり使いどころがなかった。

 低攻撃力、高属性値で性能自体はそこまで悪くないのだが、強力なモンスターの内で氷属性のみが弱点のものがほとんどいないのが逆風となっている。テオ・テスカトルは水属性でいいし。最終的にはクシャルダオラ素材の氷弓の方が優秀なので無理に作る必要はないだろう。

 唯一、ディアブロスに対しては非常に役に立つので、どうしてもディアブロスが倒せないという人は作ってみてもいいかも。風漂竜の宝玉さえ手に入ってしまえば作成難易度はそれほど高くない。


 以上。他に龍属性の弓も少し作ったが、使い所は特に無かった。

 自分の感想としては、ストーリーをクリアしたいならトビカガチ弓、ジュラトドス弓、火属性弓(アンジャナフとリオレウスのいずれか)を作っておけば十分なのではないかと思う。

 まぁもっと言えば今作は、プレイヤースキルさえあれば鉄弓系でもハンターボウ系でもなんとかなる難易度かな、とも思う。なんとなく物理火力重視ゲーっぽいし。

モンスターハンター:ワールド 攻略ガイド

モンスターハンター:ワールド 攻略ガイド