思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

ドラゴンボールファイターズ攻略メモ その2 遠距離の読み合い考察

遠距離での選択肢は、「普通の飛び道具(主に5D)」「必殺技の飛び道具(主に236D)」「超ダッシュ」「バニッシュムーブ」「待ち2C」「待ちジャンプ」など。

「普通の飛び道具」はタイミング次第で大体の選択肢に負けるが、連続撃ちでヒット確認したり、スキの少ない単発を出したりできる。待ちに対して微リターン。ローリスクローリターン。

「必殺技の飛び道具」は「バニッシュムーブ」「ジャンプで避けて超ダッシュ」など以外には勝ちなので読まれさえしなければわりと強い。

「超ダッシュ」は「普通の飛び道具」に一方勝ちしたり、発生前の「必殺技の飛び道具」に勝ちしたりする上、ガードされても確定反撃は無いが、「待ち2C」に絶対負ける。

「バニッシュムーブ」はほとんどの選択肢に勝ち、ガードされてもこちら有利の超優秀技だが、ゲージを使ってしまうことと当たった時のリターンが少ないことが欠点。「ガン待ち2C」に負け、ジャンプなどで動かれると当たらないことが多い。


かなり大雑把で、各キャラの必殺技は考慮してないが、大体こんな感じ。

一言で言えばこのゲーム、遠距離での読み合いもかなり熱い。接近手段が多いのでずっと遠距離戦にはならないが。そのせいでフリーザみたいな遠距離キャラが辛いらしい。

キャラによっては「普通の飛び道具」や「必殺技の飛び道具」を持たないものも多い。ヒットは5Dが当身で、SSGSS悟空は236Dがワープ。相手が持つ選択肢を意識して遠距離戦をやれれば勝率は上がってくると思う。


(※弱中強特→ABCD、数字はテンキー表記)