思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

雑感。

http://www.lovepiececlub.com/kitahara/2009/06/post-173.html#
 自分が感じた違和感を書き出したくなった。
 まず、北原みのりの主張も被害者の実相から離れているような気がする。それはセックス目当てで合コンに行くバカ女に僕が同情できないせいであるかもしれないが、ともかく知ることの困難な事実ではなく、より客観的な事実から見ていこう。
 その場で行われていたのが合コンであったことは間違いないだろう。乱交パーティだったら話は変わってくるが。合コンとは男女の出会いの場。セックスが絡むのは当然ではある。では合コンで男がレイプするのはアリなのか?答えはNoである。あまつさえ被害者が責められていい道理はない。
 もし男女の合意があった場合レイプはレイプでなくなるが、この状況で合意があったか無かったかを判別するのは難しい。抵抗があった場合はまだわかりやすいだろうが、抵抗がなかった場合、合意があったのか被害者が意識を失っていたかどうかは、周囲の目撃位でしか手がかりは無いだろう。
 逆に言えば、合意の有無が判別しにくいということは、「レイプされる方もわかっていたんだろう」という類の被害者叩きはなされるべきではない。第三者が憶測で人を責めるのは間違いだ。
 また、被害者には危機感がなかった、という批判。果たしてレイパーが取り仕切る合コンがまともであったかどうか、我々が知る術は無い。確かにレイプに至る何らかの兆候があったと予想されるが、容疑者はレイプ目当ての合コンをフツーの合コンに見せかける天才であったという可能性は否定できない。更に、一人の人間に危機感が無かったことによって被害者になったとしても、その人を責めるのは妥当ではない。以前、銀行員に止められたにも関わらず、振り込め詐欺に引っかかってしまった人がいたが、その人をバカだなぁと笑うのは勝手だが、お前はバカであると詰るのはあまりお行儀の良くない行為である。このへんは美的感覚の問題であるが、ともかくこの批判は被害者に向けられた場合単なる中傷となる。
 しかしそれでも残った違和感の原因は何であるかと考えると、やはり北原みのりの主張にあるのではないかと思う。
 彼女の主張は、「被害者叩きは女の欲望の実現を妨げている」というものである。確かに憲法に則って言えば人間は公序良俗に反しない限り欲望を追求する権利を持っている。しかし人は憲法に則って合コンをしないし、いわんやレイパーをや、である。(この言葉遣い正しいだろうか)
 はっきり言って僕は、合コンにうつつを抜かす女子大生はいわゆる「ゆるい」女だと思っているし、ましてセックス目当てでその辺をウロウロする女、もしくはそんな人間は、分別をまるで弁えていない、限りなく動物に近い人間だと思う。僕のこの意見は全くの偏見であり、真面目にフリーセックスについて考えていらっしゃる方などにとっては差別と捕らえられかねない表現である。しかし、レイプ目当てでその辺をウロウロしているレイパーが僕と同じような考えを持って、合コンに来るような女性を狙ったとしても何ら不思議ではない。(この理屈だと僕はレイパー目線で生きてることになるけど…)
 彼女はそういった目線をおそらく欠いている。そしてそのような目線を持った人間のうち、僕のように非犯罪者の側にいる人間が、被害者は危ない橋を渡ったんじゃないの?という意見を持つのではないだろうか。僕には彼女が札束をぶら下げて大通りを歩く人のように見える(今回の被害者が、では無く)。もしそれが僕の歪んだ貞操観念の生んだ幻想だと言うのなら、僕のような人間にそれを止めたり、それを非難したりすることは出来ないのだろう。
 というようなことを考えていたら、僕より圧倒的にわかりやすく適切に言いたいことを言っている方がいらっしゃった。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51225683.html