思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

身体に罰を加える

http://d.hatena.ne.jp/terracao/20090916/1253036450

 暴力。これはよくないことである。なぜなら、暴力をふるう方は楽しいかも知れないが、ふるわれる方は堪ったものではない。殴られるのが好きな変わった人種もいるが、される側が楽しんでいる時点でこれは暴力では無くプレイである。

 ではなぜ暴力であるところの体罰を容認・推奨する人があるかというと、彼らはそれは子供の教育のためであると言う。即ち、「暴力ダメ」と「子供の教育」を天秤にかけた場合、「子供の教育」側に傾くだろうとおっしゃっているわけだ。

 しかし賢明な方ならおわかりなように、それぞれの皿にのっている錘は質量が一定でない。すなわち、「暴力ダメ」を重んずるばかりに、暴れる生徒に袋だたきにされ、それでも非暴力を貫き、結果死んでしまう、なんてな先生がいたりしたら、それは一種の笑い話である。身を挺して生徒に非暴力を諭したと言えるかも知れないが、そんなバカ生徒より先生の命の方が大事でしょう。

 逆に、「子供の教育」に傾きすぎれば、殺してでも教え込む、教育のために我が子を殺す、なんてな事になりかねない。それはそれで、現実に起こりかねないのが恐ろしいところで。

 今言ったのは極端な例だけど、要はさじ加減じゃねぇの?っていう、人畜無害な意見を言いたいの。僕は。

 最低限、教師が生徒を殴っていいなんて制度が出来たら、これは問題あると思うよ。一体誰が暴力と体罰を分けるの?当事者同士?でも、被害者側が被害を訴えなかったりするから問題になってるんじゃないの?DVとかと同じでさ。

 まぁ親や教師が体罰をやったら即アウトっていう今の仕組みでちょうどいい気がするよ。だって、体罰をやる親や教師は、教育のために体罰が必要だと考えてるんだから、自分がどうなったって体罰をするべきだもんね。

 僕には体罰をやってまで教えるべき事なんて何もないと思うし、子供の正しい育て方なんて誰にもわからないと思う。大人だからって独断で子供を罰していいとも思えない。

 人が人を罰するっていうのはどういう事か、もう少し考えてみるべきではないか?なんつって、文学的な締め?そうでもないか。