思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

 ある朝目覚めると鳥がこっちを見ていた。こっち見んな。

 などという私は実は今目覚めたのではなく、さっきから今までずっと地球を見下ろしていたのだ。宇宙船から。なぜなら私は宇宙人だから。

 しかし、宇宙人が日本語で日記を書けるわけは無いので、これは嘘である。

 私はこの地球に偏在する、意志だけで実体を持たない存在である。

 でも、存在しないのに文章を書くことは出来ないのでこれもおかしい。理屈の上であり得ない。

 だから私はこうしてここに存在している。それは間違いない。

 でもでも、もし私が、私は脳です、と言ったところでそれは間違いでしょう。脳だって字を書けないしね。

 だから、私は私ですと言ったところで、その真実性を保証する物は何もない。

 だからだから、私は年収五十三兆です、といったところで、それが本当か嘘かを判断する材料は、その文章の中に存在しないのである。

 で、結局僕が何を言いたいかというと、別に何にもないって言うか、勝手に独自に考えて下さい。そしてそれを教えて下さい。僕に。そっと。