思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 歴戦イビルジョー強すぎ問題および攻略法の考察

 『モンスターハンター:ワールド』に先日追加されたイビルジョー。さらにイベントクエスト「脈打て、本能」には歴戦個体が出現する。龍脈石を入手可能な美味しいクエストだが、はっきり言って強い。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

 まず攻撃力が高い。元々高いイビルジョーの火力が歴戦個体になってさらに強化されている。

 さらに攻撃速度が早く、攻撃範囲も広い。なんだか1匹だけMH4Gあたりからそのままやって来たみたいな性能をしている。まさに異次元の強さ。もうだめだ…オシマイだ…。

 しかし強いとは言えしょせんはモンスター。初心者ハンターでも努力と工夫で倒せるはず。というわけで今回は歴戦個体イビルジョーの攻略法について考察していきたい。ちなみに自分はソロで3回ほどクリア済み。

ガード武器(ランス・ガンランスを使う)

 範囲が非常に広く回避が困難なイビルジョーの攻撃だが、ある程度ストレートにこっちに向かってくるのでガードはしやすい部類。

 よってガードが主体のランス・ガンランスと相性が良いと言える。実際ネット上でもランス・ガンランスの使用が推奨されている。

 ただガード武器は扱いに若干慣れが必要で、防具もスキル「ガード性能」や「ガード強化(捕食攻撃のガードに必要とのこと)」がついたものを用意する必要がある。

 自分はわざわざ装備作るのがメンドーだったので操虫棍・太刀・弓で倒したが、なかなかシンドかった。ガード武器以外はスキル「回避性能」があったほうがいいかもしれない。

スキル「耐震」「体力増強」をつける

 特に近接武器で闘う場合、振動攻撃を多用するイビルジョーにはスキル「耐震」がほぼ必須。コレ無しではグラグラしまくってまともに戦えない。振動→攻撃の確定コンボもやってくる。

 イビルジョーに限らないが、強敵対策の「体力増強」もゼヒつけたい。回復を秘薬+調合分で行えば安全性はより高まる。

龍耐性を上げる

 イビルジョーが吐くブレスは龍属性。ゆえに龍耐性を上げればダメージを軽減できる。耐性値が20以上あれば龍属性やられも防げる。

 ちなみに龍属性やられは体力バーの上に青紫の爪のようなマークがついた状態で、「武器の属性効果が無効になる」という効果。もしなったら「ウチケシの実」で即座に回復を。

忍耐の実を持ち込む

 イビルジョーは「防御力DOWN状態」という特殊な状態異常攻撃を行ってくる。

 この状態になると体力バーの上に赤い逆三角がつき、その名の通り防御力がダウンしてしまう。ただでさえ高い被ダメージがさらに増加してしまうので危険が危ない。

 忍耐の実(および硬化薬・硬化薬グレート)を使用することで回復可能。必ず持ち込むべし。

イビルジョーの攻撃モーション対策

 やたらと攻撃モーションの範囲が広いイビルジョーだが、それなりにスキはある。

 タックルや連続すくい上げ攻撃など、多くのモーションは足元の判定が薄い。ゆえに上手く足元に逃げ込めばすり抜けることが出来る。

 逆に、足元に判定のある踏みつけ攻撃などは、そもそも判定が狭いので見切りさえすれば回避は容易。

 特に注意が必要なのは、やたらとハデな準備動作の後に繰り出すジャンプ踏みつけ攻撃。体力増強をつけていても一撃でやられる危険があるほど高火力。距離が離れているからといってのんびり砥石を使ったりするのは危険。っていうか自分はそれでやられた。

 振り向き噛みつき攻撃や、歩いて来て尻尾攻撃など、やたらと出が早い攻撃も出してくるのが厄介。おかげで太刀の見切り斬りが狙いにくい。この辺もガード武器が適している理由。

 ドスジャグラスなど他のモンスターを口にくわえた状態になることがあるが、こうなるとさらに攻撃範囲が広がって厄介。なるべく早くスリンガー閃光弾などで落とさせよう。

 それとイビルジョーは落とし穴にかかった状態でもこちらに攻撃してくる。ズルい。なるべくシビレ罠を使うか、攻撃をくらわない背面から攻撃しよう。

 (追記2018/04/06)怒り状態のイビルジョーは怯み後にカウンター攻撃をしてくるが、このモーション中にさらに攻撃を加えると、ダウンを奪いながら怒りを解除できる模様。成功すれば戦いやすさが格段にアップするのでなるべく狙っていきたい(追記ここまで)



 以上。他にも対策はあると思うが自分が思いついたのはこんな感じ。コレを読んで一人でも歴戦イビルジョーを倒せる人が増えれば幸い。

モンスターハンター:ワールド 公式ガイドブック

モンスターハンター:ワールド 公式ガイドブック