思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 歴戦イビルジョー対策にイビルジョー素材ランス「アトロシスタワー」を作成した話

 アステラ祭で歴戦個体イビルジョーのイベントクエストが再び受注できるようになる、と聞いてランスを作ることにした『モンスターハンター:ワールド』の話。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

 イビルジョーとガード武器の相性がいいらしい、という話は以前の記事に書いた。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 そのランスを作るべく、今作で強いのはどれなのか? と調べたところ、どうやらイビルジョー素材の「アトロシスタワー」が扱いやすくて強いらしい。

 高い攻撃力と優秀な斬れ味、そしてまずまずの属性値。スロットが無くマイナス会心はあるがそれを補って余りある高性能、とのこと。カスタム強化が2回できるのもポイントが高い。

 というわけでさっそく作成に乗り出した。イビルジョーを狩るためにイビルジョーの素材を集めるってなんか変、な感じはするが、モンハンではよくあることである。


 歴戦ジョーの方は調査クエストに出てこないことで一部ネットユーザーのひんしゅくを買った模様だが、通常個体は普通に調査クエストに登場するので素材集めもやりやすかった。

 といっても「恐暴竜の大牙」以外の必要な素材はイビルジョー配信開始の頃に既に集まっていたので、そう時間はかからなかった。

 弓で下がりながら顔を狙う戦法で牙を部位破壊し、オトモにぶんどり刀を持たせ、数回狩猟しただけで大牙もすぐに手に入れることができた。


 これまでランスを使ってこなかったので、防具の方も新調する必要があった。

 しかし困ったことに、ランスに有用な装飾品の「鉄壁珠(ガード性能)」、そして「強壁珠(ガード強化)」の所持数がいずれも0個。さすがにゼロは運がなさすぎる。

 おかげでスキル的に妥協せざるを得ず。作った装備が以下。

  • 頭:竜王の隻眼α
  • 胴:クシャナディールβ
  • 腕;カイザーアームβ
  • 腰:バルキンコイルα
  • 足:デスギアフェルゼβ
  • 護石:鉄壁の護石Ⅲ
  • スキル:ガード性能Lv5 弱点特効Lv3 匠Lv4 体力増強Lv3 耐震Lv1 ひるみ無効Lv1

 という感じ。防具だけで「ガード性能Lv5 弱点特攻Lv3 匠Lv4」が発動する。ガード強化が無いのはちょっと辛いが、装飾品が揃わないうちはわりとオススメな構成になったと思う。腰と護石のスキルポイント効率が悪いのでゆくゆくは乗り換えたいところ。ちなみにこの記事を書くにあたって不要な痛撃珠がついているのに気がつき、耐衝珠に差し替えた。やっててよかったブログ執筆(?)


 で、アステラ祭が始まった初日に歴戦ジョーが出るクエスト「脈打て、本能」に挑戦してみた。

 すると相性が良いと言われるだけあって、なかなか快適に討伐に持っていけた。

 大抵の攻撃はガードやカウンター突きでしのげる上に、高い位置にある頭や胴を上段突きでちくちくできるのがとても快適。

 本作のランスに不慣れだったので最初の方はタイムが振るわなかったものの、徐々に慣れてきて20分弱で狩れるようになった。大した早さではないが快適性重視ならこんなもんだろう。ガード強化で拘束攻撃をガードできるようになったらもうちょっと縮みそう。


 というわけで歴戦イビルジョーにはイビルジョーのランスを使うのがオススメ、という話でした。目には目を、の精神で。ところでランスの龍脈石が全然出ないんですけど。