思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MARVELドラマ『インヒューマンズ』を観た感想

 Dライフで放送していたMARVELのドラマ『インヒューマンズ』を観たのでその感想をば述べたい。ドラマの概要についてはWikipediaなどを参照されたし。

良かったところ

 さすがキャラクターづくりに定評のあるMARVEL実写作品だけあって、キャラの描写は全体的に良かった。

 まずブラックボルト。その能力ゆえに言葉を発することが出来ない設定が、王としての、国民や女王とのディスコミュニケーションを象徴している。苦み走った表情と硬い所作から王様らしさが出ていて良かった。マーベルキャラのお約束としてやたらと格闘が強いのもカッコよかった。

 メデューサは髪を操る能力を持つのだが、序盤で髪を丸刈りにされてしまう。基本的にはいい人なんだけど、女王ゆえにやたらと高飛車な感じが様々なギャップを生んでいて面白かった。ただ全編を通してやたら強いだけの坊主のおばさんになってしまったのは少し残念である。そもそもバリカンで刈られてしまうような髪の毛で敵と戦えるものなんだろうか? 原作がどうなってるか知らないが。

 マクシマスの小悪党感も実に良かった。身分制を廃止するという、一見良いことをしているように見えて、その実まるで自分のことしか考えていないという、典型的な悪役だった。

 カルナクの能力描写が非常に斬新だった。敵にやられたと思ったら「残念!シミュレーションでした!」というチートキャラ。アクションも冴えていた。

 ゴーゴンの蹄をなるべくハッキリ描写しないようにしていたあたりに、制作側の予算削減の努力が垣間見えた。そりゃあんなのを毎回履いてたら時間かかるしアクションもしづらいよね。明らかに普通の靴だったシーンもあったけど。

 王女クリスタル。胸がデカい。正直彼女が出ているシーンはおっぱいにしか目が行かなかった。奇抜な髪の模様もステキ。見た目だけかと思いきや演技も良かった。

 オーランが上司であるマクシマスの乱心を軽蔑の目で見るシーンがやたらと印象に残っている。目力がスゴかったからか。


 キャラだけでなく画作りも全体的に努力と工夫が見られた。コンクリート打ちっぱなしの建物で月っぽさを出すという発送の勝利。ハワイがロケ地なので景観も良い。IMAXのカメラを使っているおかげもあるのだろう。多分。

 勧善懲悪ではないストーリー設定自体も悪くはなかったと思う。

 ブラックボルトは決して善人ではない。前王から身分制を引き継いだし、自己で親を殺してしまった過去も持つ。一方、敵対する弟のマクシマスは、身分制の廃止を掲げて蜂起する。ヒーロー物としては異色の設定と言える。

良くなかったところ

 ストーリーがパッとしない。これに尽きる。

 まずストーリー進行が遅いし、そもそも一話から最終話まででストーリーが対して動いていない。「王族追放→帰還→終わり」って感じ。映画一本分くらい。

 特にブラックボルト側が全員合流してからのグダグダがひどい。本来の王が戻ったのなら、ブラックボルト側につく人がいても良いはず。しかし終始ブラックボルトと仲間たちVSアティランみたいな構図。

 じゃあブラックボルト達が国民に嫌われているのか?といったところはほぼ全く描写されない。狡猾に国民の感情をコントロールするマクシマス、みたいなのを見たかった。

 どこでも自由にワープできてしまうロックジョーの存在によって、中盤からストーリーの緊張感が薄くなっていたと思う。劇場版ドラえもんで四次元ポケットが使えなくなる理由を考えればわかる話。せっかくカルナクの能力は弱体化させたのに。

 予知能力を持つ少年やゴーゴンの復活など、物語的に意義が薄い展開が散見される。原作再現なのか、続編のための伏線なのかわからないが、見ている方は退屈。

 クライマックスの盛り上げ方が微妙。ラストはブラックボルトとマクシマスが戦うのかと思いきや、パンチ1発でKO。拍子抜け。

 他にもしっくりこなkったシーンはあるが、最後にひとつ。すみれ(石田純一の娘)が退場するシーンがいくらなんでも唐突すぎる。制作上の都合があるのはわかるけど。演技自体は普通、っていうか特に見せ場も無かった。

まとめ

 キャラクター描写に引き込まれることは結構あったが、肝心なストーリーに乗れなかった。せっかくのマーベル作品なんだからもうちょっと頑張ってほしかったというのが正直なところ。

 元々この作品は映画として作る予定だったのがドラマになり、第一話を映画館で上映したものの、あまり話題にはならなかったらしい。本国アメリカでの評価も高くないという。

 ちなみに原作コミックではサノスと絡みがあるらしい。月にアティランを作ったのは強大な敵と戦うためだった、という話がドラマ版の作中に出てくるが、その敵がサノスなのかもしれない。

 とすると、映画「インフィニティ・ウォー」でサノスが地球に攻め込んできたのは、アティランが消滅したから、という可能性もある。今後映画に登場することがあるのだろうか。微妙。

インヒューマンズ (ShoPro Books)

インヒューマンズ (ShoPro Books)

  • 作者: ポール・ジェンキンス,ジェイ・リー,ケン・ローズ,川田達也
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2018/03/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る