思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 凡プレイヤーによる全14種各武器の強さ・弱さ・雑感について

 発売から数ヶ月経ったところだし、『モンスターハンター:ワールド』の14種類ある武器種について思いつくままに語ってみたいと思う。

 と言っても、全武器使い込んだわけでもなければTA勢というわけでもない。使っていない武器の感想は最小限にとどめた。っていうか半分くらいしか使ってない。あくまで一般プレイヤーの主観ということで。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

大剣

 イベクエ武器を少々使った程度。昔は溜めて斬って走って逃げるというスーパーシンプルさがウリだったはずが、抜刀溜め斬りの弱体化。なぎ払いや真溜め斬りを当てて火力を出す武器になった。

 アーマー付きのタックルで攻撃を受け流せるようになったが、ただ受け流しても目の前に敵がいないことがほとんど。相手のモーションを見切る必要がある。

 スタンダードな初心者向け武器から、1発のダメージ量を求めるロマン武器に変わった感。

太刀

 ネル武器や天上天下無双刀をそこそこ使った。見切り斬りと気刃兜割り2つの新技追加により、こちらもかなり玄人向けの武器になったと思う。

 モンスターの攻撃を読み切って新技2つを叩き込むのがコンセプトなのだろう。自分が使うとただのゴリ押しになりがちだが。

 特に気刃兜割りはスキが非常に大きいが、当てられれば大幅に火力が伸びる。大剣の真溜めと同じようなポジションになっている。

 見切り斬りも連携後しか出せないので、狙って決めるのは結構難しい。まぁMHXXのブレイブスタイルがお手軽すぎたので、バランスは取れていると言える。

片手剣

 ネル武器を少々使った。抜刀中でもスリンガーを使えるのが一番の魅力。今作の新要素を存分に味わえる。アプデで楔虫も抜刀仕様可能になった。

 スリンガー弾はモンスターの大技の出がかりに当てるとひるませることが出来たりする。また飛行中のモンスターの顔にヒカリゴケを数発当てると撃墜できたりするらしい。実際に使って確かめてみよう!(他人任せ)

 旋回斬りループで定点攻撃しやすくなったり、ジャンプ攻撃も出来たりと、柔軟性が高い。スキル自由度が高いのも良いところ。火力に関しては他に譲るが使って楽しい武器という印象。

双剣

 ネル武器を少しだけ使った。鬼人化して弱点に張り付くという簡単な立ち回りで高火力を出せる。今作の近接武器の中ではお手軽な部類に入ると思う。

 ランナーをつければ鬼人化のスタミナ消費も大幅に軽減可能。物理ダメージの比重が増えたのでそこまで属性を重視しなくて良くなったのもラク。スライディング攻撃が異常にスタイリッシュだが狙って当てるのが難しい。

 相変わらずリーチが短いので弱点が狙いにくい相手だと厳しいのと、スタミナ・切れ味系スキルが必須でスキル自由度が低いのが難点といえば難点か。

ハンマー

 闘技大会で少々使った程度。坂道グルグルと餅つき5連撃のイメージ。それ以外も火力は高いらしいが、マルチだとスタン値が上がるためパーティーでのサポートはしにくくなったらしい。今度ブロスシャッター使ってみます。

狩猟笛

 体験版の時にトレーニングルームで試し切りした程度。ほぼソロ専なので使うモチベーションがあまりない。比較的複雑な武器な上、シリーズごとに操作性が変わるので覚えるのが大変。その分使いこなせば楽しいんだろうけど。

ランス

 イビルジョー武器を割と多く使う。サブ武器と言っていいだろう。火力はそこそこだが、ガードの使い勝手がよく、とにかく安定した立ち回りが出来るのが魅力。個人的には双剣と並んで初心者向けの武器だと思う。

 突進・前ステップ・ガードダッシュにより張り付き性能も高い。パワーガードはやりこみ要素という印象。

 対イビルジョー戦で特にお世話になった。一方、素早い相手やよく対空する相手は若干面倒なので、他の武器に持ち替えることが多い。

ガンランス

 闘技大会(主にストリートファイターコラボクエ)で数回使った程度。ガンランスと同様前ステップが可能になり、竜杭砲で火力もアップして扱いやすくなった。なによりヒートゲージが廃止されたのが嬉しい。

スラッシュアックス

 ほぼ使っていない。強さ的には特に話題に上がらず地味な印象だが、ビン格差が解消されたり、変形斬りが実用的になったため、使う楽しさは増したらしい。

チャージアックス

 イベクエのDMC武器を作って少しだけ使った。超高出力属性解放斬りの火力が非常に高く、タイムアタックでは1位常連だが、操作が非常に複雑なため使い手は少ない模様。使いこなしたときの達成感がスゴそう。

操虫棍

 メイン武器その1。火力が低いと言われがちだが、アプデのおかげもあってそこまででもないと思う。でも他の強武器に比べたらやはり一段劣る。

 長めのリーチと片手剣・双剣に迫る機動力がウリ。ヒットアンドアウェイですばやく動く相手にもかなり楽に立ち回れる。飛円切りが強いので積極的に使うべし。印弾をつけて細かく火力を伸ばすのもポイント。

 かつてはほぼ唯一の長所だったジャンプ攻撃だが、楽しいけど火力が低いので基本的には移動用。乗り蓄積値もそれほど多くないので、ヘタをすると片手剣の方が乗りやすいかもしれない。でもやっぱり楽しい。

ライトボウガン

 オドガロン武器で通常弾運用を少し試した程度。斬裂弾の火力を取り上げられた結果(そこまで弱くなったわけではないが)、サポートメインのポジションに収まった印象。

ヘビィボウガン

 未使用。正直さっぱりわからない。今作で拡散弾をいっぱい撃てるのはヘビィらしい、という程度。

 メイン武器その2。弱点属性武器担いで、体術・弱点特効・属性会心つけて、チャージステップで弱点を狙い続けるだけで相手を倒せる。お手軽高火力。

 チャージステップでの回避が難しいモンスターとやや相性が悪い。が、回避距離をつければ割となんとかなる。

 個人的には、ひたすらエイムし続けるのが疲れるのと、単調な立ち回りになりがちで飽きやすい。ある意味プレイヤーへの負担が大きいのが欠点と言えるかもしれない。